ボーイング787日本初飛来メディアイベントで実物を間近で見てきた!

ANA ボーイング787 日本初飛来メディアイベント

冷静に考えれば、飛行機に乗ることはあっても実物をこれだけ間近で見る機会はあっただろうか。
羽田空港の格納庫という場所(最寄り駅が「新整備場」という名から想像するに機体を整備をするような場所のようです)で開催された「ANA ボーイング日本初飛来メディアイベント」。先日のアメリカからの到着時の様子はUstreamで生中継されたようです。

まずは写真を交えて流れを書いていきたいと思います。

ANA ボーイング787 日本初飛来メディアイベント

まずはこの広くて天井も高い格納庫の中。ここにプレス、関係者のパイプ椅子が並べられ、座ってその登場を待っていました。

ANA ボーイング787 日本初飛来メディアイベント

トビラが開くと少しずつ機体が近づいてきます。

ANA ボーイング787 日本初飛来メディアイベント

なんと、止まっている飛行機を見に行くのではなく、こちらにやってくるのです。この迫力はスゴイ。写真撮影したい人が多くカメラを持ち上げて撮影しています。こんな機会は滅多に、いや二度と無いかも知れません。撮っておきたい絵なのです。

ANA ボーイング787 日本初飛来メディアイベント

そして格納庫に入って構えた飛行機からはボーイング社と全日空社の社長が降りてきます。こういう登場の仕方は航空会社らしくていい感じです。

ANA ボーイング787 日本初飛来メディアイベント

両社の社長の挨拶などを終えて撮影などが入ります。この時のスピーチの話にあったように、このボーイング787は日本の技術が今まで無いぐらいに投入されているのです。報道ではエコということに重点が置かれていますが、なによりもこのボーイング787を創り上げるのに多くの日本企業の力、パーツが含まれているのです。例えば、炭素繊維プリプレグを東レ、主翼を三菱重工業、全部胴体&主脚格納室&主翼固定後緑を川崎重工業、中央翼の製造と中央翼・主脚格納室のインテグレーションを富士重工業。そしてタイヤはブリヂストン、機内娯楽装置をパナソニック、トイレ・操縦室内装をジャムコ、といった感じに多くのパーツに日本企業が参入しています。「準国産」とも呼べる、というのにもうなづけます。

ANA ボーイング787 日本初飛来メディアイベント

そしてANAはボーイング787のローンチカスタマー。この飛行機を作るところから契約したのは初めてだという。
つまり今までは海外で作られたものをアレンジして使っていたものだが、ANAがグローバルスタンダードとなる飛行機を作っていく部分に中心となっていったといっても過言ではないのです。

このメディアイベントが終わった後、ブロガーイベントが行われました。その模様は別途またエントリーしたいと思います。

ANAは世界に先駆けて最新鋭機ボーイング787を導入します。ANA 全日空。国内線・国際線航空券の予約・購入。マイレージクラブのご紹介。旅行情報もご用意しております。 ANA ボーイング787 We Fly 1st.787 │ ANA SKY WEB