出来ない自分を許す

自分の能力の無さにいらだったり、悲観したりする人もいるでしょう。
私自身も限界を大幅に超えたことを出来ると過信して、やっぱり出来ないというそのギャップが大きなストレスとなって現れることがあります。

そんなときに、すぐに忘れられる時はいいのですが、環境など条件によってはそうはいかない人もいるかもしれません。

そんな時は出来ない自分を許してみましょう。



出来ない自分を許す
プライドがあったりいろんなものが邪魔をして、なかなかできないことです。
特に苛立ったりした場合はHOTになっていますし、冷静な判断もできなくなっています。
逆に悲観的になり、落ち込んでやる気も失っている時もあるかもしれません。

やる気は枯渇すると言います。
参考:一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方

HOTになることも落ち込むことも「やる気」のエネルギーがそれらに使われてしまい、ますます出来なくなります。
まずは出来ない自分を一旦許し、クールダウンして落ち着かせましょう。
ちょっと外の風を浴びてくるのもいいし、1,2時間ベッドの上で横になってあえて何もせずぼっとするのもいいでしょう。

クールダウンしたら、冷静にそのことを客観的に見直します。
回避するか、対策を考えるか。

取り組むのであれば、ほんのちょっとだけ、手を付けて、明日へ先送りして一晩寝かすのもありかもしれません。明日になると状況がまた変わっていて、やり直しを強いられる可能性もあるし、ゆっくり寝ることによって良いアイデアが浮かぶかもしれません。
一旦状況をリセットして、もう一度そのことがらを客観的に見直して糸口が見えてくるでしょう。

無駄なエネルギーをそこで一気に使わないようにしましょう。効率化!