コンサートと記者の気持ち



コンサートと言えば僕自身も吹奏楽部、吹奏楽団を通して経験してきた。
一人寂しく楽器を練習するより大人数で合奏する楽しさを覚えて、そこに演奏する側も感動する機会に恵まれている。

そんな中このような記事を見かけて、あらためてコンサートへ出かけようという気持ちになった。



【季節風】コンサートのようにニュースを

 大阪音楽大学の徳弘博子さんによると、コンサートという言葉には、「全員で一体となる」や「調和する」という意味を含まれているという。会場で音楽を通して奏者と観客が一体となり、調和して1つの感動を作る。だから、コンサートはすばらしい。

そのコンサートという言葉にそのような意味が含まれているということを始めて知りましたが、確かにその意味はずばり当てはまると思うし、この意味をしてすーっと自分の心の中で納得ができました。
だからこそコンサートは素晴らしい。

そしてこの記事を書かれたのは記者さんですが、コンサートに通じる感動にニュースがあると考えていて、そういう気持ちで日々取材を続けているそうだ。
ぜひともこれからもいいニュースを楽しみにしたい。悲しいニュースでも楽しいニュースでも視聴率稼ぎや発行部数稼ぎのためではなく、その気持ちで報道してくれることを願います。