SlackもFacebookメッセージもTwitterもチャットワークも・・・ひとつにまとめるアプリFranzの魅力に惹かれた

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-20_18_27_14

久々に煽りがちなタイトル画像で恐縮です。

最近の悩みは業務上と言えども、チャット機能を使うことにあるのですが、そのチャンネル数・スレッド数が膨大になってしまい、割と管理が大変になってしまったというのがあります。
また一方で、取引先やチーム、連絡先などによって使うチャットアプリが違うこともあります。

Skypeを使っている会社もあればチャットワーク、Slackと違っていたり、そもそもFacebookメッセージでのやり取りがメインですよ、とかいろいろあります。

ただでさえやり取りが増えまくっていて疲弊しているのですが、さらに連絡手段が多岐に渡るため、複数のアプリやブラウザウインドウを開けながら同時進行するのも困難になってきました。ウインドウの数が多いだけでも業務効率落ちる印象もあります。

そんなところ、一度試してみたかったのがFranz(Windwos、Mac、Linux対応)です。

知ったのはこの記事。

「超おすすめ」と書かれているからこそ、まわりに使っている人がいなくても使ってみようという気になったのですが、そう書いてなかったら使ってなかったかも知れません。

で、使ってみて、Facebookメッセージだけでも、通常のFacebook上の画面より使いやすくなっているのを感じることが出来た時点で、採用決定です。

そして当たり前の様にタブ分けで、Twitter、Slack、Skypeと追加していくことが出来るのです。

追加できるサービズがこんなに豊富に!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-20-18-30-02

なんでしょうこの対応サービスの多さは!

どちらかというとあと無くて困っているのは「LINE」ぐらいでしょうか。まあ、LINEは難しそうですが・・・。
チャットワークが含まれているので日本企業でもよく使われてそうなものが含まれていてほっとします。

そういうわけで、とりあえずこれで業務上のやり取りはかなりスムーズに出来そうです。

いま、FBメッセージとTweetDcekとSlack、Skypeと設定してみていますが、そんなにたくさん追加しなくてもひとつのウインドウで複数の業務連絡のやりとりが一元管理できるだけでもウインドウが複数のウインドウがとっちらからなくて良いと思いました。

もしチャットのやり取りなどが多くて苦戦している方はぜひ試してみて下さい。

Windows版でレビュー記事を書かれているのも見つけました。ショートカットも便利そう。