スクリーンショット 2014-01-13 15.57.56

最近スマホサイト作ることも増えたのですが、いくらSafariChrome、シミュレーターを使っていたところでも、さくっと実機確認しなければならないことも頻発する。実機確認第一。
特にお客さんのサイトだけでなくテストサーバーだとURLが長く入力が面倒くさい。

そこで、そのURLをメールで送るとかいろいろやっていたのですが、ちょっと面倒な上に(メール作成・送信)受信トレイにURLだけのメールがたまるのも個人端末ではあまりやりたくない。
というわけで、QRコードを生成してそれを読み込ませてさくっとページを表示させることにしました。

せっかくなのでGoogle Chart APIを使って簡単にQRコードを生成するツールを作ってみました。
過去に作った物を混ぜて一気に作ったのでjQueryだったりJavaScriptそのままだったりごちゃ混ぜのソースで美しくないですが、とりあえず動きますのでこれを使いたいと思います。

QRコード生成 / tools@plusm

左側にQRコード生成のページを開いたブラウザウインドウを置いておきます(幅を縮める)。
右側にPCで確認したブラウザを置いておきます。

そのままアドレスを入力したりコピペしてURLを入力してQRコード生成することもできます。
でももっと素早く出来る方法があります。

スクリーンショット_2014-01-13_15.57.06-7

アドレスバーの左側にあるアイコンをドラックアンドドロップしてQRコード生成のURL欄にもっていきます。するとそのアドレスが入力されます。

コピペより速い!

たぶん、すでにそういう感じで簡単にQRコード生成できるツールがあるのですが、外部サイトだとサーバー側で送信されたURL情報はどうなるんだろう。。。という不安もあって、特に受託で開発中の案件ではあまり使いたくない、というのがあるんですよね。

で、今回のツールはサーバーサイドではなくブラウザだけで動くJavaScriptでのものなので、通信しているのは、Google Chart APIだけ。余計なサーバーに入力されたURL情報を送信していません。
まぁ、それでもGoogleには送信されてしまうのですが。

でもよくわからないサイトやツールを使うよりマシだろう、ということで、こんな感じのツールを作ってみました。

もしよろしければ使ってみて下さい。

QRコード生成 / tools@plusm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です