投稿に奨励金!?ONETOPIのキュレーターも一般公開になって新しくなった!

ONETOPI

ONETOPIが新しくなって本日公開されました。
今日はiPad miniのセルラー版の発売日でIT系のニュースはそちらに注目されているかもしれませんが、このサービスも実は見逃せないニュースだと個人的には感じています。

元々、ONETOPIは2009年秋に始まって、面接した方のみがキュレーターになれるサービスでした。その後にスマートフォン向けのアプリが出たりして、情報収集のひとつの手段としても興味深いものでした。
しかし、今回大きく変わったのは今まで限られたキュレーターのみでしたが、一般公開になったので、誰しもが情報発信の出来る場として生まれ変わったのです。

さらに、キュレーター奨励金という制度も取り入れられて、キュレーションのモチベーション向上、マネタイズの一環にもつながるのも注目すべき点です。


あなたが選んだ情報はきっと誰かのためになる

そんなキャッチフレーズのもと、さらに多くの方が情報発信出来る場になったとのこと。

ONETOPI

twitterのフォローと同じように興味のあるトピックをフォローすれば、それに関する情報をONETOPI上で受け取れます。逆に特定のトピックに関する情報も投稿できます。
投稿内容はインターネット上の様々な情報を引用してコメントを書くというスタイルでなんとなく全体的にTumblrにも似ている気がしました。

ONETOPI

引用もしやすくなっており、また投稿と同時にtwitterやfacebookにも投稿出来るようになっています。
具体的にはそのサイトを訪問中にブックマークレットを起動してどの部分を引用しどのトピックに投稿するかを選び、そしてコメントを書く。手間を最小限にどんどんと情報を発信できそうです。

キュレーター奨学金

ONETOPI
ページビューでポイントが貯まる、という仕組みどこかで聞いたことがあるような気もしますが、ONETOPIでもこのような仕組みがあります。マネタイズも出来ると考えるとモチベーションも少し上がります。
しかし、投稿者のモチベーションを上げる施策はそれだけではないのです。

なお、このお金の原資ですが、当面は広告費から賄うようで、また還元率も当面の数字で変更の可能性はあります。

当初は10ページビューを1ポイント、1ポイントを1円に換算します。

ゲーミフィケーションを取り入れている

投稿やフォローなどのアクションのたびに経験値がたまり、レベルがあがったりするなどまるでRPGみたいですが、そうすることにより、投稿ユーザー同士が競い合ったり、その称号を手に入れるのを目的にするので、より楽しんで投稿をしていけそうな気がしました。

今までの類似サービスと違って、どのようなコミュニティができるかが、楽しみです。

ONETOPI

ぜひ、一度ユーザー登録して、試してみてください。

ONETOPI – あなたの選んだ情報は、きっと誰かのためになる。

※実は先日行われた記者会見に出席させていただいたのですが、記事をアップするのが公開当日になってしまいました。。。

関連記事:
キュレーターに求められる姿 – [Mu]ムジログ