スポット情報

鵠沼海岸という字の読み方

今まで知らなかった。

何度かその字面を見かけても、読めなくても生きていけた。読めない時もモゴ沼海岸と読めば、だいたい問題は解決する。

恥をかくのは他人と会話する時だけだ。

そんな時は思いっきり「なんとか沼海岸ってあるじゃん」と横浜生まれを気取りながら会話すれば良い。

そう、横浜から見れば地方の海岸なので、読めなくても恥ずかしくないのだ。

しかしそれが通用しないするのも限度がある。読めるようにならなくては!

そんな時に見かけた駅の看板。

そう、くげぬまかいがん、と読むんだと。

そうして十数年の間、うやむやにしていたことが1つ解決された。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-スポット情報