年度末は忙しさだけで無く人に助けられるありがたさを感じられる時期



昨日、そんなことをふと思いついて自分の中で勝手に納得させられたのでした。

世の中全体的に年度末と言えば忙しいという人が増える気がするし、Web制作業だと4/1リニューアル公開が重なって忙しい会社も多いと思う。
確かに忙しいと言えば忙しいし休日が無くなったり夜遅く残業することも増える。

でも大切なことを忘れてしまうところでした。 


こういった忙しい時期だからこそ、人に助けられていることが本当に多いなぁと。

仮に、受発注の関係だとしても外注することによって自分以外の第三者が手を動かしてくれる。結果納期に間に合う。
そんなこともそうですが、チームで作業を取り組んでいてもこの状況を理解して手が空いた人が率先して忙しい人の作業を手伝うとか。
忙しさにかまけてこういったことを忘れがちですが、自分一人では決して解決しないことをいろんな人に助けられて、また助け合って、なんとか年度末を越そうとしている。

こういった時期、忙しいと思うばかりでは無く純粋に人に助けられるありがたさを感じられる、心でありたい。