書評:無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法


前回グーグル化の本を読んだが、同じ著者の「勉強法」の本を読んでみた。
内容としては、グーグル化の話と似ている部分は被るが、勉強をするための仕組み作りについてメッセージを感じました。

基礎を徹底的にやる、勉強する対象の枠組みを知る、という部分は当たり前のことでありながら、細かいところを先にキャッチアップしてしまう、僕には考えさせられた内容です。
また模擬試験や練習問題を繰り返すことはいわゆる「アウトプット」と気づかされて、インプットとアウトプットの比率をなるべく同じぐらいにすることを勧めています。
たしかにインプットしていても覚えた気になって実践で応用できていない、僕自身はそれを強く感じました。



また人間の意志をアテにしない、という考え方も同意です。
いままで自分でやろうとしてやらなかったことがどれだけ膨大か。
いかに勉強を継続できるか、そういう仕組み作りという点では目から鱗でした。

アウトプットする、コントリビューションするなどいろんな書籍で見てきましたが、このブログを使っての情報発信も自分自身の勉強を加速付けるのに非常に役立つツールであることを再認識しました。
そして検索して、何らかのご縁でこのブログでやっていただいた方に貢献できるような文章づくりやブログづくりをこれから励んでいこうと思います。

自分の身の回りのIT化することは彼女の著書の中では同じです。
そしてこの本の最後でも「自分専用のノートパソコンをもつこと」について触れられていますが、この著書の本が二冊目の私はこの本を読み終える前に(昨日)、著者おすすめのLet’s noteを購入していました(笑)。

自己啓発本を最近読むことが多いですが、とにかく読んだらすぐ動くことです。この本にもそのお言葉がありました。決して自己啓発オタクになることなく、実践して、自分のものにしていきたいと思います。

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法