食生活

ジョナサンの抹茶とあずきのミニサンデーについての意見

1週間に2回食べた

最近ジョナサンに電源席も大幅に増えてとても作業環境として居心地の良い空間になってきています。
いつもドリンクバーだけだと申し訳ないと思いつつ、デザートも一緒に頼むようにしています。そこで、最近よく頼むのが価格感とボリューム感も超ド良さそうな「抹茶とあずきのミニサンデー」。

これにはひとつ意見したいことがあって、このブログを書いています。

それは、上に載っているアイスが固くて、下の柔らかいコーヒーゼリー層にめり込んで、なかなかアイスをスプーンで取ることができないことです。

アイスを取るためには、側面のガラスに押さえつけてスプーンですくうか、左記にコーヒーゼリーをある程度食べてしまい、やはり側面のガラスへ当たる面積を増やして、スプーンで切り込んでいくしかないのである。

これが上にのっているアイスがソフトクリームであったら、問題無いだろう。しかし固いアイスだ。
アイスもすぐに口にしたい位置にあるが、いまいち、スプーンで取りにくいという使い勝手だ。先にコーヒーゼリーと、抹茶、そしてあずきを味わってしまう。可能であればアイスとあずきを一緒に味わいたいのである。
だってこの組み合わせ最高じゃないですか。あずきとアイスですよ。

そんなところから、アイズを無理矢理にでも切り込んで取り出そうとして、そしてあずきと一緒に楽しむわけなのですが、なぜ、固いアイスの下に柔らかいコーヒーゼリーを置いたのかが解せない。

もし、サンデーということにこだわらなければ、これよりやや平べったい容器に乗せてもらったほうが幸せになりそうだ。もしくはコーヒーゼリー層をコーンフレークにしてしまい、固いアイスを支える力があれば良いだろう。

ジョナサンのご担当者様におかれましては、ぜひご検討いただきければ幸いです。

-食生活

© 2020 [Mu]ムジログ