福島の美味しいもの食のフェアに行ってきた #福島美味 #白河

福島の美味しいもの食のフェアに家族を連れて行ってきました。
場所は福島県白河郡西郷村にあるイオン白河西郷店で開催されていたのですが、最寄り駅が新白河。
東京駅から新白河までおおよそ90分ということで通勤圏最北端とも言われています。

白河市 – Wikipedia
東京都区部より約190km北。東北新幹線で約90分の距離である。首都圏への新幹線通勤の利用者も一部ながらいる。仙台、東京といった大都市のほぼ中間点に位置する。

 今回大宮から新幹線に乗ってみたのですが、おおよそ1時間弱で到着。福島ってそれなりに遠いと思っていたのですが、意外と近いのです。行こうと思えば気軽にふらっと日帰りで遠出できるレベルなんです。


今回、ブロガーのアスカさんがこれに取材に行っているのですが、せっかくなのでサプライズついでに、家族を連れてふらっと様子を見に行ってみました。

※白河とこのイベントについてのレポートはアスカさんの記事に詳しくアップされているので詳しくはこちらをどうぞ(9/15現在まだ記事は途中で随時アップされていくと思います)。
福島県・白河 | め~んずスタジオ

駅前の駐車場も都心と比べると随分安いですね。

2時間まで500円だそうです。そして1日止めても500円だそうです。安いですね。
って、結局時間関係無く1日500円なのかw

 会場に着いて、いかにも普通にイオンに買い物に来た客になりきって行ってみると、アスカさんがいるじゃないですか。

「あれ、アスカさん、こんなところで会うなんて偶然ですね」という装いでサプライズご挨拶。

さて、お仕事らしいので邪魔をしないように、こちらはこちらで個別行動。
ちょうど風船のショーをやっていました。

ちびっこたちが集まって楽しそうに見ています。

アリスさんのブログはこちら。
どんより曇り空、それでも全力疾走!|風船の国のアリス~アリスの宝箱~

で、お昼時だったのでまずは何か食べようということで、食べたのがドン・ミゲルさんのドン・ミゲルのエンパナーダ

あれ、これ三春町じゃないですか。そういえば去年ここに行きました。

TO-FU Cafe おおはたや(三春町)のランチ、満腹でもローカロリー #福島美味 #郡山 : ムジログ

あ!!
おおはたやの三春三角油揚を買うのを忘れていたのを記事を書きながら悔しく思い出します。三春ぴーまん味噌、これ、気に入っていてお土産に買って帰ったときに毎日のように使っていたなあ。

さて、話を戻します。

今までも福島のフェアに行ったときに何度か見かけていたのですが、食べるのは今回が初めて。
見た目はこんな感じなのですが、

写真撮影用に割ってみると・・・

中にたっぷりの汁もあふれ出てしまい、ある意味大惨事。それだけ美味しい汁を包み込んで、かぶりつけるという食感を楽しめます。

そして、これがまた、中の具も旨いのですが、この皮(?)の部分に当たる部分も肉厚があって、旨い。

一緒に売っていたインカコーラも面白そうなんで飲んでみました。

まあ、コーラというよりもサイダーに近い味わいです。

さて、これだけじゃ足りない!と思って、ラーメンのブースがあったことを思い出しました。ラーメン食べたいなぁと思って、伺ったら、ブロガーのみなさんも取材中。
どうやら、ラーメンを作っての販売はしていないんだけど、特別に試食させてもらうところに混ぜてもらいました。
お話をお伺いしたのは「あさか野らーめん」、「ふくしま肉餃子」のニイダ麺販株式会社さんです。

調理中の麺の様子をパチリ。

なにこれ、麺が旨い。
すぐさまその取材中のみなさんから離れて家族の元に持っていって食べてもらったぐらい。この麺旨い。

あさか野らーめん
ニイダの生めんは厳選された麺用小麦粉を使用、コシが強く、のど越しの良い本格多加水熟成麺。ほどよく麺にスープが絡み合うおいしさです。各種野菜をいためてトッピングして食べるのがおすすめです。

このあと、金子牧場さんによる、バター造り体験がありました。ボクたちは申し込んでいなかったので、アスカさんたちがやっているのを含めて見ていました。

振ればいいらしいんですが、これ、10分本気で降り続ける必要があるようです。結構大変。
でもその場を盛り上げて楽しそうな企画を交えてやっていました。

始まる前は笑顔のアスカさん。

直射日光が当たって熱いのとそれなりの時間降り続けて大変なので、テント下で椅子に座って降り続けるアスカさん。

なかなかバターが出来ず辛そうなアスカさん。

Vineで手短にまとめてツイートされていましたが、まあ、それなりに大変そうです。