またまた新たな美味しいものとの出会い!福島の美味しいもの食のフェア(福島) #福島 #福島美味

2014/10/12(日)、JRA福島競馬場(福島市)で開催されたFOODFAIR 福島の美味しいもの食のフェア(福島)に行ってきました。
実は仕事で関わるようになってから2013年開催の会津、郡山へ仕事の一環で訪問して今年で2年目。今年は白河、福島と個人的に足を運びました。

今回は「ツブヤキ。」というブログを書いているブロガーの@tunakko_さんの「福島・福島ブロガーツアー2014秋」に同行する形で、自分自身も勝手にブロガーツアーに参加している体裁で記事を書いてみたいと思います。

福島は新白河や郡山に比べると遠いのですが、東京駅10:28発福島駅11:55着のやまびこ161号でおおよそ1時間半で着きました。意外と早く着く。意外と近い。

JRA福島競馬場は結構大きくて広くて立派な建物で驚きます。その中で開催されていました。
(競馬場の中で地元の方に「福島でオススメの観光場所ありますか?」と聞いて「福島競馬場」と答えられたのもビックリでした)


最初の試食はんだんだ?

駐車場から最初にたどりついてJRAの建物の外側にブースのようなものがありました。ああ、ここからが会場なのかな、と。
で、いきなりインパクトのある謎のオブジェと「UFO物産館」という謎の名前の出展者。「UFO物産館」というネーミングにも内容も気になるので一度行ってみたいです。

さて、会場に入ったぞ、という気持ちの準備もしないまま早速勧められました。

ほだほだボールとんだんだボール。
カレー味と和風味の“揚げおにぎり”だそうです。酒のつまみにも良さそうです。
「んだんだ」はしりとりで最後に「ん」が付いたときに切り返せそうな言葉ですが、どういう由来かというと

“ほだほだ”と“んだんだ”はそうだそうだと言う意味の方言になり飯野町民は普段から使用しております。

とのこと。

かりんとうにピーチ味があるのか!

とりあえず何か食べる前に会場を一周まわって何があるか一通り見ようという作戦に。
とはいいながらもあちこちで試食を勧められて、つい手にしたのが、ピーチのかりんとう。

桃と言えば福島。福島と言えばピーチ。
でもピーチ味のかりんとうが存在するなんて想像もしていませんでした。

これが、またピーチ味。
そのままですが、本当にピーチ味。なかなか美味しかったのでこれはヒカリエオフィスのスタッフへのお土産に。
その他にも紅茶味が印象的でした。

しあわせを待つ時間「来楽恋待」というブランド名で展開されている株式会社リーナスさん。
素敵なパッケージで、ちょっとしたお土産にもいいですね。

合鴨串はここか青森のねぶた祭りでしか食べられない

串焼きを焼いているブース「大丸屋」が気になっていました。
美味しそうに焼いてたら、まず食べたくなります。

「合鴨串はここか青森のねぶた祭りでしか食べられない」なんて聞くと、もうそれしかないですよね。
合鴨串を注文。

結構太く食べ応えのある合鴨串です。
商品説明のときに聞いた肉汁もたまらないです。

カツとふんわり玉子焼きの相性が抜群のソースカツ丼弁当

また肉か、という言われそうですが、次に会津やないづ名物「ソースカツ丼」。
写真とか動画をあまりにも撮ろうとするブロガー二人組なので綺麗な包み紙まで頂いてしまいました。

「ふんわり玉子焼き付」の言葉通り、カツの下には玉子焼き。

カツも厚くて美味しいのですが、玉子焼きとの相性が抜群。残念ながら冷めていたのですが、冷めていても十分に美味しいので、これは出来たても食したい一品です。

純米酒で作った梅酒はさっぱりしているらしい

ボクはドライバーなので試飲はしなかったのですが、梅酒について、説明を聞いていました。
この梅酒は純米酒で作っているのが特徴で甘ったるくもなくさっぱりしているのが特徴。

ところがですね、ここで試飲を楽しんだtunakko氏ははこの後の福引き抽選会(500円お買い上げごとに1枚の補助券、2枚で抽選)でこの梅酒を当ててしまうのです。いきなりこれが当たったのですごく喜んでいる姿が印象的でした。

通販でも買えるようです。
大天狗の純米酒で造ったうめ酒 商品詳細

しそで巻いている伊達の梅という大福が旨い

美味しそうということで私も頂きました。

しそで巻いてあるのですが、これが少ししょっぱい。しかし、その反面、中の大福(?)は・・

甘い〜!しかも、しょっぱさと甘さが絶妙に交わった感じ。

少し写真に入っているのは競馬場の給茶機の単なるお茶なのですが、そのお茶が美味しく感じるのもこの饅頭のおかげです。

りょうぜん漬とは霊山の麓で・・・

りょうぜん漬ってなんだろうと聞いたら「霊山」からきているそうです。

霊山 (福島県) – Wikipedia
霊山(りょうぜん)は、福島県伊達市と相馬市との境にそびえる標高825メートルの山である。国の名勝、日本百景、およびうつくしま百名山に指定されている。また、南北朝時代の重要な城跡遺構として国の史跡にも指定されている。

険しい感じであり、紅葉の季節はこの写真のように綺麗な感じなところのようです。

で、ここで、いろいろな漬け物がありましたが、珍しいと感じた「豆」の漬け物を買ってみました。

商品写真やお店の情報はこちらのサイトへ→福島りょうぜん漬本舗 | FOODBRAND
直営店では試食もあるようです。

ネットショップもあります。
きゅうりのかあちゃん漬とか【激辛】新とうちゃん漬とか「かあちゃん」と「とうちゃん」という名前がついているところもユニークです。

・・・
実はまだまだいっぱい書くことがありますが、ごく一部の出展者ということで駆け足でご紹介させていただきました。

おそらくあれもこれも美味しいと思って、次々へと買っていた同行者のtunakko氏。
そのせいか福引き抽選の補助券もたまり、またそれにも当たりまくっていました。

買いすぎたのか当たりすぎたのか気がついたら腕が引きちぎれそうな位の荷物になっていました(良い筋トレになりました)。
買った物はお土産として自宅へ宅配便で送ってしまったらしいです。

目の前で「美味しい!」という言葉を何度も聞き、 その笑顔を見る度になんだか嬉しくなりました。
僕自身が昨年初めて福島の食べ物の美味しさというのを感じて感動し、そして、こうやって一緒にまわってまた同じように美味しいと感じて、福島の美味しいということを知ってもらったことが、ボクにとっても収穫でした。

福島にはまだまだ美味しいものがあって、紹介したいものがあるのですが、会場を出て、次の目的地に向かいます。

つづく