snapshot-1259835885.718619

今日はOpera Japanで行われた『HTML5 を使ってみよう!』イベントに参加してきました。
話を聞きながら、ブログ書いているので間違っていることもあるかもしれませんが、ご参考までに。

Mike Smith
W3C HTML 担当主任
テーマ: ” HTML5: The Web platform as an application runtime environment “
( HTML5

ウェブプラットフォームがアプリケーションランタイム環境になる)
*英語のプレゼンテーションですが、日本語通訳がつきます

Daniel Davis
Opera Software  ウェブエヴァンジェリスト
テーマ: ライブでウェブページのHTML5

*日本語のプレゼンテーション


ミツエーリンクスの矢倉さんより紹介

HTML5 Japanese Interest Group

  • グループの活動結果を HTML WG や W3C メンバー、関連コミュニティに報告する
  • HTML5について

    新しい機能、新しいマークアップについて、一番簡単なことを、自分のホームページに。

    ユーザーエージェントはブラウザのだけのためのものではない。検索ボックスやソフトなども含まれる。

    新しいマークアップの利点は?

    見た目はすぐに変わらないが、アクセシビリティが良くなったり、検索エンジンが見つけやすいだとか、将来のための対策になったり、かっこいいってことがあるそうです(笑)。

    HTML5は標準でこの記事はいつ書いたかがgoogleとか(笑)にわかるようになる。
    10年後とか未来にどういう風に使われるかわからないので、わかりやすく書くと、未来のアプリケーションで使われやすくなる。

    「おれたちHTML5使ってるぜ」が誇りになる(笑)

    HTML5で素敵なホームページが作れますか?

    No.
    HTML4と同じ。

    ※HTML4のテーマスイッチャー(あとで聞く)

    • 分野が広すぎる→知らないところは使わなくて良い!
    • 難しすぎる→難しいところは使わなくてよい!
    • 対応されていない→発展途上でブラウザごとに対応が異なる

    使いたくなければ使わなくてもいい。既存のHTML4はHTML5の中に含まれる。

    無くなった要素

    <center>

    <font>

    <strike>

    <u>

    <frame>/<frameset>

    <applet>

    プレゼンテーションのみのタグは無くなった。

    追加された要素

    160ぐらい?結構増えた。

    話題になるのは<article><section>。

    <aside>はバナーなどにも使える。

    わからなかったら使わなくて良い!許される。

    <video><audio>はホットだがコーデックの問題が残っている。

    <canvas>はページに画像を作ったりいろいろ出来る。困った時はHTML5.JP – 次世代HTML標準 HTML5情報サイトを見る。

    「牛の通り道を舗装する」

    従来のブログをdivタグで各種定義されたのが<header><nav><footer><article>などに置き換えられる。

    柔軟性のある文法

    <br> <br />→どっちでもOK。

    <p>の閉じタグがなくてもOK。

    つまり「今のままが良いであれば、今のままで良い」

    対応されていない要素は?→知らないタグは普通に表示されるだけ。

    ひとつのブラウザ(IE)には知らない要素にスタイルをつけることができない。

    その対策。remysbharp.com/2009/01/07/html5-enabling-scrip
    このjavascriptで対応できる。Googleでさらに短いコードが用意されている?

    HTML5のタグをdisplay:blockをCSSに入れる。

    このあと実演。