イベント

CEATEC JAPAN速報・GALAPAGOS端末の画面詳細

IMG_2239.JPG

GALAPAGOS端末を実際に触ってきました。
上側のメニューにあるように「未読・おすすめ」「最近読んだ本」「お気に入り」「定期購読」という大きく4つのメニューがあります。それをタッチするごとに画面が切り替わります。

IMG_2240.JPG

「未読・おすすめ」に続き「最近読んだ本」の画面です。
DIMEやVOGE、もしドラなどが並んでいます。

IMG_2242.JPG

こちらが定期購読の画面です。
「バックナンバーを見る」というボタンが印象的です。そう、バックナンバーも読めるというのは強いです(iPadのビューンでは最新のしか読めなかったと思います)。

IMG_2244.JPG

日経新聞を呼んでいるところですが、御覧のようにWebに近い画面で読めています。
一方雑誌によってはデザインレイアウトが雑誌と同じように保たれているものもあります。

IMG_2245.JPG

電車の中でページめくりが片手でできるように、このボタン一個を押したり傾けたりして操作が出来るようになっています。

IMG_2249.JPG

これが雑誌レイアウトの画面です。
文字が小さくなることもあるので、iPhoneやiPadと同じような操作感覚で拡大、ドラッグできます。

IMG_2251.JPG

このようにテキストを選択したりできます。選択した文字列で辞書で調べたり出来るようです。

具体的な発売時期は未定ですが、12月ごろになる模様です。
日本の電子書籍を読むスタイルがまた大きく変わってきそうです。楽しみです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-イベント