BSアンテナ故障かなと思ったら原因はショート疑惑、簡単に治った

BSアンテナ

2,3ヶ月ほど前からか、我が家のBS放送が急に入らなくなりました。

ご覧のように、突っ張り棒を立てて独自の方法で設置しているので、映らない原因は突風による角度のズレとかそんなのが原因でしたが、今回はいくら調整しても回復しません。ちょっと治したり原因究明する時間も無くて本当に放置していました。もしかしたら、壊れたのかもしれない、ということもあって。

ところが意外なことで解決したのです。


錆びてる?

角度がダメならますます故障かと思っていましたが、ネット上で調べているうちにひとつの可能性を感じていました。

それは、端子部分が錆びてショートしている、ということです。
まさか、そんなことはあり得ない、と思っていたのですが、ここに引っ越してきてからアンテナとケーブルを接続する部分の防水キャップが無くなっていることに気づいたのです。

BSアンテナ

一度、このネジをハズして、スパナで軽く叩くと、砂というか錆びた粉みたいなのが落ちてきます!
これだ!と思って、軽く叩いてから接続してみると、バッチリ入るではないか!

というわけで、叩いて錆を落として角度を調整すると、電波もバッチリ入りまくっていて、感度良好!むしろ以前より入りが良くなったのかも知れないと感じるぐらいです。

錆びには注意、ショートの原因

といっても、このままでは当然よくないので、錆びないように養生するとか、定期的に錆びていないかチェックしてクリーニングしておくことが必要かと思いました。普通の家やマンションではそんなことしていないかもしれませんし、あまりそんなことに気づかないかもしれませんが、もしかしたら、ここが原因かもしれないので、調べてみる可能性はありでしょう。

それでも寿命かな、と思ったらアンテナ買ってしまってもいいかもしれませんね。昔よりだいぶ安くなっているし。

関連:マニュアルには載っていないBS/CSアンテナを室内で自力で設置する方法・手順 – [Mu]ムジログ

DXアンテナ BS・110度CSアンテナセット DSA-456K
B000A4ZHDG

日本アンテナ 家庭用受信機器 BS/UHFチェッカー NL30S
B00170P95I