予約していたAdobe CS5日本語版到着!開封の儀

IMG_1291.JPG

この日を待っていました!ついに発売日の2日前ですが、CS5が届いたのです。

それでは恒例の開封の儀の模様です。

IMG_1289.JPG

Adobeのダンボール箱には滅多にお目にかかれません。テープもアドビオリジナルのものです。

アドビ萌えの方は、このテープだけで3年おかずにすることが出来るでしょう。

IMG_1290.JPG

開封すると、なんとPhotoshopのノベルティです!

20周年記念のPhotoshop。今までのアイコンが走馬灯のように流れるかのごとく、見つめます。

IMG_1292.JPG

パッケージとその中身です。

今回はDVDのケースがプラスチックのトールケースではなく、正方形の紙箱のケースになっていました。世界不況の波がここにもやってきたのでしょうか。

IMG_1293.JPG

Discは3枚。1枚はCS5のもので、もうひとつはAcrobatのもの。あ、アクロバット入れるの忘れていた、と今気づく・・・。

あと1枚はちゃんと確認していなかったのですが、何かが入っていると思います(予想ではマニュアルPDFや参考になりそうなもの)。家に帰ったら確認します。

IMG_1294.JPG

そして、MacにDVDをインサートします。

「挿入」というと違うことを想像する人がいるのでここでは華麗に「インサート」と言います。

CS5

草原の上に広がる、CS5のDiscアイコンとディスクの中身。

葉の上に水滴がありますが、ディスクには水滴がつかないようにしましょう。

CS5

キャー!!

なんか怒られた。一応体験版を使ってきていたので、それをゴミ箱に捨てたのですが、それではダメだったようです。

アンイントールするためにはMacの場合アプリ→ユーティリティ→アドビインストーラーの中あたりにあるインストーラーでアンインストールしてから、製品版をインストールするという段取りが必要です。

CS5

インストーラーを立ち上げて、アンインストール。

CS5

当然ですが、一式全部アンインストールします。フォトショップだけ体験版を使いたいとか、そういう人はあまりいないとおもうので、迷いなく全部アンインストールしましょう。

というわけで、あとは通常通りにインストールしていくと大丈夫です。

アップグレード版の方は前のバージョンのシリアルも入れる必要があるので、あらかじめ用意しておききましょう。

今まで、英語の体験版を使っていたのですが、日本語版になって、急に安心感が高まりました。

使い込んでいきたいと思います。

B003F782OG