IMG_0369.JPG

この2ヶ月ぐらい、アソシエもまた積ん読になっていたので、久しぶりに読み始めています。

12/01号は「お金もスキルも一石二鳥!マジメな副業」というのが特集されている。

不景気と言われるたびにこういう雑誌の特集が組まれている様な気がするが、少し毛色が異なる。それは、単なる金儲けの話ではなく本業にもリターンをもたらしたり、自分自身の人生を(お金以外の面で)豊かにすることに視点がおかれている。

 今号の巻頭特集のテーマは「副業」です。副業というと、「本業の片手間の小遣い稼ぎ」と思われがちですが、最近はお金以外の目的を明確に意識した“マジ メな副業”に取り組む人が増えてきました。特集では、そんなトレンドに目を向け、ダブルワークで成果を上げる21人の仕事、生活を詳細にレポートします。

日経ビジネスアソシエ 2009年12月1日号 – 日経ビジネス Associe(アソシエ)より:

IMG_0371.JPG

こんなページをざっと観てわかるように、ネット副業とかそういう特集でないのがよくわかる。

趣味を副業にしたり、資格を副業にしたり・・・。

いろんなものが並んでいます。

でも副業を始めるということは何か特別なこと、という心理的ハードルが高いものですが、意外と身の回りの人にさりげなく副業をしている人がいます。

例えばボクはトランペットを習っているのですが、その先生はオーケストラでの演奏が本職。レッスンの先生役というのは副業なのである。

また、よく考えれば、あの人も、という人が周りにもいるかもしれません。

何か特別なことを当たり前のことにする、それが副業を成功させるための秘訣かもしれません。

「こういう人もいるんだー!」という具体的な発見や、具体的な年収やストーリーなど事例が紹介されている。

個人的にはタンゴで活躍するNECビッグローブ社長の飯塚さんの話が興味深かったです。

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2009年 12/1号 [雑誌] (雑誌)

B002VKNVYO