ガジェット

ポップガードを導入してみた!

着々と収録環境を整えております。Web会議の音質もどんどんパワーアップしていきます。

マイクと口の間に挟み込む「ポップガード」というものを導入してみました。

カンタンに言えば、破裂音を発音する時に口から風が起こされます。それがマイクに当たって入るノイズのことです。

ポップガードについては次の解説がわかりやすいです。

パピプペポやハヒフヘホあたりの音は、口から勢いよく息が飛び出します。

つまり、風がマイクに当たるわけですね。

台風情報をお届けしているお天気キャスターとかの、風でマイクがボフボフと言ってるあの音、あれと同じ原理です。

あの音、聞き苦しいですよね?

台風のすごさを身体を張って伝えたいとあればあれは素晴らしいですが、

レコーディングであのノイズが一発でも入ったらもうそのテイクはゴミです、使えません!

ポップガードとは?使い方と注意点,素材による違いなどのまとめ

購入したのはマランツプロMPM-2000Uでも使えるTuloka マイクポップガードです。

これでより綺麗な声でお伝え出来れば!
しかし、口癖はなかなか直らなくて苦戦しているので、音質向上の次は本人の改良ですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-ガジェット