EP-805AW

ようやく届いたカラリオの新製品、EP-805AWを開封してみました。

以前の箱は実際にプリンタを奥向きに入っていたのですが、このようにして取り出します。箱が以前よりコンパクトになったのは以前書いた通りなのですが、このように箱を横に倒して取り出すと、ちょうどプリンタが上下正しい状態になっている、という感じで箱に入れる向きが変わっております。
この取り出す話に関してはまた別エントリーにします。

さて、早速設置しようとするのですが以前置いてあった前世代のカラリオEP-804AWを職場に送り込み、その跡地に設置することにしました。


新製品が出る度にコンパクトになった、とか軽くなったとかいう話をよく聞きます。最近の液層テレビなんか、以前に比べるとかなり薄くなってどっきりです。
しかし、今回のカラリオは前の世代にくらべて何%小さくなった、という考え方では無く、設置場所から考えてこの大きさにした、という話をお伺いしていたので、極端に狭い場所に置いている自宅の場合はどうだろう、と試してみました。

その置き場所とは、いわゆる三段ボックスとかカラーボックスとか言われる、その上に置いていたわけです。見た目からはちょっと無理している感がありました。

前から見た比較

EP-804AW

正面から見た、前機種のEP-804AW。横幅ギリギリですね。まあ、なんとか収まったという感じはします。

EP-805AW

一方、今回のカラリオEP-805AWは左右にゆとりが生まれました!これならカラーボックスを壁にくっつけても良さそうですね。

横から見た比較

EP-804AW

前世代のEP-804AWですが、後ろ側、派手に飛び出していますw
これは無いよなぁ、と思いながらも無理矢理載せていました。そもそも、A4用紙を縦に入れてプリンターの部品とか考えれば奥行きがあって当然なのですが、自分でもちょっとカラーボックスの上は問題があるなぁ、と思って居たのです。
カラーボックスの裏側、結構なスペースがあいてしまうのですよね。ここに純正インクカートリッジのブラックICBK50が余裕で落ちていました(プリンタをどけたときに、落ちていたのに気づく・・・^^;)。それぐらいスペースがあいているのです。

ところがですね、今回のカラリオ。カラーボックスの上に置くのがだいぶ現実的になってきたのです。

EP-805AW

あきらかにきゅっと奥行きが縮んだ感じです。ダイヤモンドカットの角も素敵に映えます。ただ、後ろのスペースに関しては何か問題がまたありそうなので、これから使いながら、またレポートしていきたいと思います。

10/22(月)まで読者の皆様にモニター募集を行っています!

詳しくは下記バナーのリンク先をご覧ください!

下記ブログパーツからも情報をどうぞ

amazonでも買えます!

EPSON インクジェット複合機 Colorio EP-805AW ホワイト
B0093GW8KM