未分類

105円で買えるiPhone型おもちゃが小さい乳幼児に喜ばれる

最近、自分のiPhoneをことごとく奪われ、気がついたら意味もわからず画面をタッチされてアプリが操作されていたという経験はありませんでしょうか。
なぜかiPhoneというガジェットが乳幼児ぐらいの年齢のお子さんに人気があるようです。

これはまずいと思い、コドモダマシイと言われるかもしれませんが、iPhoneっぽいおもちゃを与えるのが良さそうだと思いました。
ちょうど100円ショップのセリアにそれは売っていたのです。

見た目はiPhone5っぽいですが、縦幅がiPhone5より若干短く、iPhone用ケースは使えなさそうです。

http://youtu.be/vxREf2qvMhs

しかし、画面はiPhoneに似せているのですが、中身は昔さながらのボタンを押せば水の中を輪っかが動きまわるというおもちゃ。
中の小さなカラフルな小物が動くのも面白そうですが、空気の気泡が重力に逆らって上に行こうとするので、これを持った赤ちゃんたちはぐるぐるこれを回しながら楽しむようです。

そのボタンはかなり出っ張っていますが、コネクタ部分の大きさから見るとLightningケーブルを意識しているのでしょうか。

アプリはiPhoneの標準アプリを真似ているようですが、算数というオリジナルアプリが入っています。

どうしてもiPhoneを触りたいお子さんにこの105円おもちゃはいかがでしょうか。
これの画面を見ながら楽しんでくれるようです。

このエントリはするぷろを使ってiPhoneから投稿しました。
するぷろ for iOS(ブログエディタ) App

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-未分類