品川駅に設置のデジタルサイネージ自販機を触ってきた

デジタルサイネージ自販機

年齢/性別が判別できるデジタルサイネージ自販機がJR品川駅に登場 | 経営 | マイコミジャーナル

このニュースで話題になっていたようだが、気づかずに品川駅で乗り降りしていると、人だかりが出来ていて、その存在を知った!

とうとうデジタルサイネージ自販機の時代がやってきたのか、と思わされた。

この記事のタイトルにあるように、今までの自販機と違ってデジタル化されることにより、購買者層がわかってしまう。それがマーケティングに活かされたり、ドリンクのリコメンド機能などにも繋がっていくであろう。



自動販売機

買い方も難しくはなく、タッチパネルで商品を選んでSuicaを当てればOK。するとお買い上げありがとうございました!といったメッセージがドカンと表示される。

デジタルサイネージならでは、だ。

このデジタルサイネージ、ネット回線はWiMaxだそうだ。

従来の自販機に在庫管理データ送信にPHSを利用しているという話はよく聞いたが、WiMaxになるとブロードバンドの世界になり、コンテンツの配信もスムーズに行えるようになる。

動画広告の切り替えなんかも期待できそう。

そのうち、体調とか体型とか見られて「余分三兄弟にはこれがおすすめ」とか言われたりするんだろうか・・・。