ブログ

WordPressからlivedoor blog(MT形式インポート)に引越しした方法

WordPressやMTに移行する事例は多々あるし、ツールも揃っている。

しかし、WordPressから他ブログへ移行するには少し苦労しそう。と、言うのはエクスポートの形式が独特で無料ブログサービスでのインポートで汎用性のあるMT形式をサポートしていないからだ。

そこで、一旦WPからMT形式へのエクスポートを試みてみることにする。

方法としてはメンテナンスされてなさそうなプラグインを使う方法と、テーマファイルを使う方法が見つかった。


テーマファイルを使うというのは斬新だと思った。テーマファイル内でMTバックアップのフォーマットで全エントリを書き出すのだ。

というわけで、使ったツール(というかテーマ)はこれ。

WordPress Export to Movable Type or TypePad - Blogging Expertise - custom WordPress blog design, installation, and consulting

英語で分かりにくいかもしれないが、ページ後半に「download the zipped WordPress-to-Movable Type exporter.」というリンクがあるので、これをクリックしてダウンロードする。

そして、テーマをセットして、ブログの画面を表示させれば、それがMT形式で表示されるという形になっている。

これを名前を付けて保存すればそれでいけそうなのですが、ちょっと問題が発生しました。

それは日本語文字などで数値文字参照(ソースコード上、文字ごとに番号が割り当てられている)になっているのである。これだと、一部文字化けではないが、正しく文字が表示されない。

というわけで、これを回避しないとMT形式でインポートできたとしても、文字が読めないカッコワルイことになるので、なんとか数値文字参照にならない方法はないかと調べていた。

でも、時間切れなので、こんな方法で回避した。

テーマファイル中のcleanitupという関数を実行しない

安直ではあるが、とりあえず、これでうまくいったので、インポート作業を始めて、無事完了した。

昨今WordPressユーザーが増えていることは好ましいことだと思うが、一方で、プラグインやカスタマイズをしているうちに、運用がしんどくなってきた場合には、またブログASPなどにお世話になるパスがあっても良いかと思う。

そんなボクも最初はSeeSaaで始めてMT、WPへと移行してlivedoor blogへと乗り換えている。2回URLが変わるという痛いこともやっているが、その時、そのタイミングで自分のコンディションに合ったツールを選ぶのが良いだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-ブログ