Webサイト開発・運営

他CMSと比較、MODxを見せてもらった感想だけを

今までボクはXOOPS CubeやMovable Type、WordPress・・・とオープンソースCMSとくくられるものを使ってきました。たまに新しいものをチャレンジしたりするのだが、どうしてもMODxだけはインストールしてもよくわからなかった

ここでは管理画面のキャプチャーも写真も無くて申し訳ないエントリーになると思うが、たまたま実際にMODxをCMSとしてコンテンツを作成されている方に見せてもらったので、その感想だけを書いておきます。

まず見せていただいたサイトはよくありがちな中小企業のサイトのようなイメージ。

普通にHTMLでWeb制作会社に発注して普通に納品されているような形のように見える。CMS臭さを感じさせない。

しかし、これがMODxで動いていたのである。

管理画面を見せてもらって感じた感想、イメージをまとめると下記のようになる

  • デザインテーマ・テンプレート自体がMTやWPのようにモジュール化されてない。だからこそ、普通のHTMLを書いてきた人たちがデザインを起こしてHTMLを起こしても、すぐにそれに対応させやすい(モジュール化を想定せずにデザインができる)。
  • ユーザー権限がきめ細か書く設定できる。投稿者、管理者というざっくりとしたくくりではなく、かなり細かく設定できる。

ボクがインストールした直後はメニューの項目も多く複雑という印象を持ったのだが、どちらかというとブログベースのCMSというよりもDreamweaverのWeb版というと語弊がありそうだが、そういった機能を持ったソフトとも感じる。

そのためソフトを使うためのトレーニングは多少必要かもしれないが、複雑になりすぎたブログのシステムを考慮せずに、普通のホームページ作成ソフトのように扱える印象を受けました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-Webサイト開発・運営