WordPress

Day1"ブログを公開するドメインを設定せよ"

今日は第1日目ということで、インストールする前のURLを決めるドメイン設定について簡単に説明しました。
(7日間の流れなどの簡単な説明もしています)

まったく準備せずアドリブでやることにも挑戦してみましたが、あとから自分の映像を確認して、良いところ悪いところを見て反省会をしていたところで。
とりあえず、動画を公開設定しましたので、上記からご確認ください。


wackeyの自己紹介

  • WordPress歴、実は1週間。1週間でもWordPressに惚れこみ、オススメしたくて勉強会を開催。
  • 今までのオープンソースCMS、ブログ歴
    MTOS(Movable Typeオープンソース版)を昨年6月からカスタマイズなども含めて使ってきた。
    しかし、それに比べてWordPressはシンプルで使いやすい
  • その他XOOPSについては5,6年の使用経験があります

そういった経験の中から使い始めてわずか1週間ですが、この使いやすさが他に比べ優れていることから、勉強会の開催の動機につながりました。

7日間の流れ

"WordPressをはじめよう!"動画生中継で7日間集中勉強会を開催! - ムジログにて説明

ドメイン設定概要

ドメイン設定には二つの設定ポイントがある。

  1. そのドメイン(サブドメイン)に対してどのレンタルサーバーを使用しているか、そのIPアドレスを返す設定(VALUEDOMAN管理画面から設定)
  2. そのレンタルサーバー内で、自分のドメインはどこに設定しているかのWebサーバー設定(CORESERVER管理画面から設定)

1.のDNS設定しても世界中のインターネット回線が瞬時に認識するわけではない。
5分ぐらいかかるケースから24時間かかるケースまでいろいろある。
(CORESERVERから借りるサブドメインの場合は5分~10分程度でウェブサーバ側の設定ができる)

疎通確認

設定したドメインが使用可能になっているか確認します。
FFFTPなどでアクセスして一番上のpublic_htmlの階層の下に移動し、そこに今回設定したドメインの名前でフォルダを作成。
その中にindex.htmlというファイル名で作成したファイルをアップロードしてブラウザで表示確認(index.htmlには何でもいいので「test」とか任意の文字を入れておく)。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-WordPress