久々に生の音を聴く

もともと音楽活動をしていたのですが、活動をやめてからしばらく演奏会に行くことからすらも遠ざかってしまっていました。
クラシック音楽や吹奏楽が割と好きです。というか、思いっきり吹奏楽団などの活動もしていたわけですが、しばらく遠ざかってしまってます。

日曜日に久々に演奏会に出かけてきました。やはり生の音を聴くというのはいいものがあるのですが、それ以上に自分が音楽活動をしていた熱い頃を思い出させてくれました。


その日に行った演奏会は横浜ブラスオルケスターという社会人が集まっている吹奏楽団ですが、演奏レベルも高く、また練習もかなり熱心にされている団体なので、聴いていて感動もします。

「ダフニスとクロエ」という曲は僕の好きな曲のうちのひとつでもあるのですが、とても良い演奏されていたのと同時にサマーコンサートでも再演するとのことですから、どれだけパワーアップしているか楽しみです。

横浜ブラスオルケスター 第9回定期演奏会
第1部
音楽祭のプレリュード
シェナンドゥーア
交響的情景「地底旅行」
第2部
ティコティコ
プリズム・ラプソディ
第3部
グランドトリオ 作品87(木管三重奏)
八重奏曲より第2楽章(サクソフォン8重奏)
「ダフニスとクロエ」第二組曲