LinkedInブロガーミーティング

昨晩行われたLinkedInブロガーミーティングに行ってきました。まず印象的だったのはとにかく日本語でどう読めば良いか、ということ。机の上に置かれた案内の紙にはハッシュタグが「#リンクトイン」と書かれていました。日本語ハッシュタグならではの、そして日本語での読み方の認知度を上げる手段としては面白いと思いました。海外から日本に進出される企業は参考になるでしょう。

さて、SNSが乱立してきて、facebookもtwitterもmixiもやってられないよ、マルチポストで終わらせてる、という人も少なく無いでしょう。ボクはなるべく使い分けるようにしていますが、人間は等しく24時間を与えられていて、そこでまたSNSをやらなければいけないのか、と思うとなんだか意欲が失せます。
しかし、それぞれのSNSに特徴があるにせよ、このLinkedInには明確な目的意識を感じさせられました。facebookがビジネスにいいと言われている昨今、よりビジネス寄りなのはこちらなのではないかと思いました。facebookをビジネスで使うとすれば販促ツール寄りとも棲み分けを感じ取れました。そして誤解していたことは、転職に役立つSNSだと思っていたこと。それも間違ってはいないのですが、実はそれだけでは無いということをきちんと知ることが出来たのです。

LinkedInブロガーミーティング

そこには明確なミッションがありました。

世界のプロフェッショナルたちをつなげることで
さらに生産性を向上し成功に導いていく

すでに何かの読み物でネットを通じてデザイナーやシステムエンジニアなどが協業してサイトを立ち上げるとかそういう話も聞きます。まさに、そのプラットフォームとしてもこのLinkedInが役立つと感じました。
昨今不況でもあったり競争が激しい世の中ですが、その中で「生産性を上げる」ことがコストを抑え競争力をつけることであり、新たな可能性を導き出す可能性があります。自社内でそれを追求しても良いのですが、パートナーとなる会社を探したりします。しかし、それも限界があり、こういったLinkedInが国境を越えてのプロフェッショナルを探すことができます。

事例として興味深い話がありました。

ASCII.jp:私の年収、上がるかな?「LinkedIn」日本上陸 実際、リンクトインを通じてiPhone用のバッテリーが開発されたということもあるという。オランダのユーザーがリンクトイン上で中国に住んでいるパートナーを見つけ、2人で共同開発をすることになったのだそうだ。


電池が短すぎる不満をリンクトインに質問投げかけると中国のリンクトインのユーザーがiPhoneの寿命の長い電池を開発中だ、ということで一緒に売る商売を始めたのです。つまり、自分の普段の生活や仕事で不満に思っていることがニーズとして、世界中のプロフェッショナルの目に入る、可能性もあるのです。

そして、履歴書機能を差し置いてきちんと初めて理解したのが、つながっている友達・知人・仕事仲間などの動向を確認したり(○○さんが部長になったとか○○商事に転職したとか)、グループ単位でディスカッションしたり出来る機能だ。

LinkedInブロガーミーティング

そして、様々なデバイスからアクセス出来るのですが、実はiPhoneに入れていたのですが昨日初めて使ってみました。つながっている人の更新情報もスムーズに確認でき、もしかすると空き時間にRSS,twitter,facebookをチェックしているという普段の習慣に加わってもおかしくないぐらい、活用する可能性を感じました。

あと、個人的にはAPIを提供していることをこの場でも語られていましたが、自分自身もAPIを扱ってWebアプリを作る一人として、LinkedInならではのアプリを作ってみたいと思いました。ビジネス色が強いSNSだからこそ、エンタメ系とは違うビジネス系のアプリが作れそうです。

正直な話、アカウントは持っていたものの、ほとんど使わず放置していました。
しかし、使ってみる価値を感じましたし、使っていくともっと理解が進むと思いますし、何よりも人に勧めたくなる気がします。その中で、わださんのブログではイベントレポートより先に使い方を説明し始めている点はすばらしいと思いました。

仕事用SNS「LinkedIn(リンクトイン)活用法~基本設定編

個人的には仕事の進め方や案件をとってくることや個人事業主になることで試行錯誤をヘヴィーに行っており、その中にまた新しいツールを入れるのはしんどいことです。しかし、このリンクトインは苦労以上のメリットをもたらしてくれることを明確に感じ取らせてくれたので、実際に他のSNSとも平行してうまく使い分けていきたいと思います。