イベント

高尾山の飲み物の自販機は登るほど値段が高くなる!?

登って行く途中で水分補給したくなるのでどんどん手持ちのスポーツドリンクを飲んでしまいます。
思ったよりもキツイ坂道が続きすぎるので すぐ飲み物がなくなっていきます。

途中で、自販機があるので飲み物を帰るのですが、写真のように少し高いです。



しかし、そらに登って頂上にいくとさらに高いです!

500mlのペットボトルが170円、山頂では200円。
さすが、高尾山価格。

でも荷物の重さを考えると上で買った方が良いなあと思うわけです。あのキツイ坂道を登ってると。

でも、周りを見るともっと重装備の人が多く、ホットコーヒーを保温ボトルに入れて持ってくる人もいました。
さらに、ガスバーナーとかコンロみたいなので山頂で調理している人もいて、それを見ると自分はまだまだあまちゃんだと感じました。

■関連記事

高尾山ブロガー登山2013

京王線で行く高尾・陣馬スタンプハイク2013Autumnパンフをゲット

高尾山口稲毛屋支店でおでんを食す!

高尾山登山開始の前に「闇夜のカラス天狗」胡麻あんぱんを食す! | [Mu]ムジログ

高尾山の飲み物の自販機は登るほど値段が高くなる!? | [Mu]ムジログ

途中で三福だんごを食す

高尾山山頂へラストスパート!石段が続く「男坂」を進む

高尾山山頂からの絶景と達成感を堪能

巻き込まれてリミットを外す。高尾山に登った理由

このエントリはするぷろを使ってiPhoneから投稿しました。
するぷろ for iOS(ブログエディタ) App

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-イベント