カレー部

こんな時間にグルメ系のブログを書くとよくないですね。おなかがすいてついつい食べてしまいます。
さて、昨日行ってきたイベントのレポートを書きたいと思います。

今回は「カレー部」ということで、参加したブロガーが「カレーを本気で食べて本気で評価すること」というテーマのもと部活動をするという内容でした。最後には部員全員で記念撮影も(6/1(水)開催:「ガストカレー部」~4種のこだわりカレー食べ比べ!~ にご参加頂きありがとうございました。|AMNイベントレポート|ブログ|Agile Media Networkにアップされています)。

さて、今回の試食、4種類のカレーですが、どれもファミレスらしくないある意味トガッた味わいが楽しめる内容でした。試食は辛くないものからスタートして最後大辛になります。

IMG_3636.JPG

1食目:イタリア風トマトとチーズの焼きカレー(税抜599円)

なんと、トマトが1/2個入っています。焼きカレーという割にはあまり焼いているイメージも無く、全体的にまろやかな感じでした。そして、トマトも酸っぱくなく、カレーにうまく馴染んでいく感じです。
辛さの順番から言ってもそうですが、辛いカレーが苦手という方でもこのカレーだと、やさしく感じられるきがします。

IMG_3644.JPG

2食目:欧風ビーフカレー(税抜649円)

これはボクの中ではナンバー1に選ばせていただいたのですが、ファミレスでこの値段でしかもこの味は!という驚きをうけたカレーです。スパイスが香ばしい!実際の辛さよりもスパイスの味わいが効いているのでそちらの印象が強く感じてしまうでしょう。辛いのではなくスパイスが香ばしいのです。そしてお肉もしっかりと噛んで味わえる贅沢な感じ。
肉は煮こめば柔らかくなるけど、スパイスは煮こめば香りが飛んでしまうというものですが、うまく克服して実現したという感じです。

今まで食べた欧風カレーの中でもダントツに美味しいと思いました。そしてカレーブロガーの方のおはなしにもありましたが1,200円前後するような欧風カレーをこの値段で出せることが凄い、と感じました。

IMG_3646.JPG

3食目:インド風野菜たっぷりチキンカレー(税抜599円)

これは野菜嫌い、且つ東南アジア系のスパイスが苦手なボクとしては身構えていました。
しかし、食べてみたらそれほど辛くないのです。野菜と中和して辛さを調整してくれているような感じです。辛口と言えども、意外と食べられるものです。そして今まで味わったことが無い系統のカレーです。

どちらかというとインドなのかな?という疑問が他のブロガーの意見からもありましたが、タイ料理とかそっちのイメージがあります(間違っているかもしれませんが)。

野菜をガッツり食べられるので夏バテ防止のためにも食べてみたいカレーでもあります。

IMG_3651.JPG

4食目:タイ風シーフードカレー(税抜:599円)

これは!一番辛いのですが、旨み成分が効いていて特に削り節粉成分がよく感じられます。最近のつけ麺ブームにあった魚介類系つけ麺的なスープのカレー版とも感じました。
しかし、それ以上にまろやかにする何かが、そして魚介類の具が沈んでいますが、たくさん入っています。

ファミレスの割には特徴的でクセのある、個性的なとも言える飛び出たカレーだと感じました。

4食食べ終えて全体的な感想を考える段階で、「ファミレスで」「しかもガストで・・・」と言えるぐらいに手の込んだ商品開発をしていると感じました。しかもこの驚きの価格で。

しかも今までのハンバーグフェアと違い、CMには三浦りさ子さんを起用するなど大人向けのメニューに仕上げている印象を受けました。たしかに、今回のカレー4種は子供向けの辛さでも味でもないと思いました。面白い味、複雑な味、難しい味。これは大人が食べるカレーなんだと思いました。

ファミレスはもちろんカレー専門店ではありませんが、4種類の方向性の大きく違うメニューを出してきたのは挑戦だと感じました。部員としては、受けて立つしか有りません!でも部長が作っているんです。また何か新しいものを作っているにちがいません。マネージャー助けて〜!