グルメ

真冬の自動販売機のスープが味も進化していて素晴らしい件

2019年1月7日

冬になると自販機に「スープ」が並ぶことがある。
以前はコーンスープしか無かった気がするのですが、最近、こんなスープをみかけました。

オニオングラタン風スープ!
自販機で買って飲める味とはとても想像つかない、味です。なんだか、少し贅沢な気分になります。

コーンスープなんかは、以前は中に入っているコーンが残ったままで全部食べられない、なんてこともありましたが、最近は飲む口が広くて、最後の一粒まで美味しく頂けたりなど、自販機スープ業界も改善されています。

BOSSのスープも熱い

缶コーヒーのブランドでおなじみのBOSS。
なんとスープもありました。

自販機で買えるスープなのに「BISTRO」といっちゃうぐらい、味も濃厚。
スパイシーコンソメスープとあるが、なかなかコクもある感じがして、うすっぺらくないんですよ、自販機プライスで買えるのが嬉しい。
※残念ながらAmazonでは売っていない模様。

というわけで、次に街で自販機スープに出会ったらまた買ってみようと思う。
なんとなくコーヒー飲むよりも、体が温まって寒い冬を豊かに過ごせそうです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-グルメ