虎ノ門から青山一丁目まで歩いた

都心では一駅歩くことはたいしたことではない。

ということで、健康管理やダイエットに本気度が足りないと複数名から四面楚歌のように詰められ、ここはメタボ克服半年チャレンジラスト二ヶ月のラストスパートにしようと、夜虎ノ門から青山一丁目を歩くことにした。

これにはもう1つ動機がある。

脳を休ませるのには運動が最適だ

とネット上のどこかで見たことがある。

デスクワーク2社分を、こなす僕としてはただでさえ休むタイミングがほぼ無いのに、さらに運動はまったくしていない。

ただし、最近意識的に寝ることや、メリハリをつける方向へシフトできている。

この通勤途中はブログを書くことに専念するのもその一環だ。

一方、運動はまだできていなかった。

脳を使いまくる、寝るは出来たら、次は体を動かす、を、取り入れてバランスをとれば、パフォーマンスが上がると信じている。

そういった意味も含めて続けていこうと思う。

見知らぬ道の景色が刺激になる

いろんなお店や発見がある。

もしかしたら都心の道や建物お店にも強くなるかもしれない。

街行く人達の行動、世の中の皆さんの行動を見ていて、きっと仕事のヒントを見つけるときもあるだろう。

ご褒美は座ってブログを書く時間

実は青山一丁目から半蔵門線に乗ると最寄り駅まで座って帰られる可能性が高い。

座ると今度は休むことも出来る。

そして、座れれば両手親指フリック入力でガッツリブログを書ける。

これはいいことづくめでは無いか。

そして帰ったら適度なカラダの疲労感が眠りへつなげてくれる。

いま、まさにポジティブスパイラルの入り口にさしかかった。

死んだ魚の目のようになっていた時代ともおさらばにしたい。

変えよう。変えていこう。この流れを。

Posted from SLPRO X for iPhone.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です