先日、夕食にと思って食べに行った幸楽苑というラーメンチェーン店。
安いラーメン屋だけどいつも賑わっているイメージがある。値段のワリには満足のいくメニューも多く、アツアツで旨いものも少なく無い。

そんなある日こんな神対応に出会った。


ラーメンをオーダーした夫婦。
しかし、子どもが泣き止まない。

子どもをあやすがなかなか泣き止まないので、外に連れ出して抱っこであやしていく。それでもなかなか泣き止まない。
そんなタイミングでラーメンが二つ、テーブルの上に並べられた。

あー、このラーメン伸びちゃうよなーって普通に思いながら目の前のラーメンをすすり始める。

しかし、20秒もしないうちに別の店員がやってきて

「ラーメンさめてしまうので、お母さんが戻ってきてから作り直しますよ!」

と店員が引き上げていった。
「いや、いいですよ」と止めたものの、持って行かれてしまった。

え!と思った。
作り直してくれるその心意気も純粋に素晴らしいと思った。
しかし、薄利多売にしか思えない価格でラーメン店をやっているのに、それを作り直すって利益ないんじゃない?もしかしたら赤字になるのでは?とすごく心配になりそうな ぐらい安いお店なのに、そんな気の利いた接客が出来るだなんて、本当に驚いた。

その後、母親が戻ってきたタイミングで作り直したラーメンをもってきてくれた。
アツアツのラーメンをありがたく食べながら、本当にこの値段でこんなサービスを受けてもいいのか、
と少し申し訳ないと思っていたようだ。

昨今、ブラック居酒屋やブラック牛丼チェーン店とかのニュースなど暗いニュースもある中、同じように安い価格帯のラーメン店なのに、こんな対応が出来るなんて驚いたし、例えマニュアルだとしても、なかなか出来ないことだと思った。

おかげで、幸楽苑のファンになりました。
何度でも通い続けようと思うし、友達と食べに行くときにもし幸楽苑がそこにあれば、迷わずそこを選ぶと思う。

会社の公式HPのリンクも貼っておきます。本当に素晴らしい対応でした。ありがとうございました。
昭和29年創業の味・中華そば「幸楽苑」 

追伸:文章の書き方が他人事のような書き方で書いていますが、実はボクたちが受けた実体験 にもとづくものです。