Macメモリ解放アプリFreeManアンインストールした。不要らしいので。

メモリ解放アプリ

Macのメモリ解放アプリ、これまでもMemory scopeなど使ってきていて、OSアップデートのタイミングでFreeManに乗り換えていた。

最近相次いで複数のブログなどで取り上げられていたのですが、最近のMacのOSでは不要だというのです。

Macの動作が重くなったらメモリ解放をするべし」、これを疑ったことなんて今まで全くありませんでしたが、OS X Mavericks以降ではメモリ解放をしないほうがいいそう。むしろすることで動作が不安定になることもあるそうです。

これを知ったのは6月29日発売の「Mac Fan 2016年8月号」に掲載されていた「『Mac高速化』で出てくる解決策に騙されるな ネット情報の真偽を確かめてみよう」というコーナーです。

というわけで、早速アンインストールしました。
常にあらゆる仕事や生活で役に立つMacは少しでも軽く速く、快適に使っていきたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です