スクリーンショット(2009-11-20 15.01.11).jpeg

VMware Fusion 3」上のWindowsにMicrosoft Office Professional Plus 2010 Betaを入れてみました。

関連記事:MS、次期オフィス「Office 2010」と「Visio 2010」試用版を配布開始 | パソコン | マイコミジャーナル

ダウンロードするためにはいくつかの個人情報とWindows liveのIDが必要になります。

スクリーンショット(2009-11-20 15.19.26).jpeg

ダウンロードマネージャーをインストールして、ダウンロード。

ダウンロードしたものは766MBでした。

スクリーンショット(2009-11-20 15.24.13).jpeg

スクリーンショット(2009-11-20 15.24.21).jpeg

スクリーンショット(2009-11-20 15.27.56).jpeg

インストーラー自体はシンプルでさくさくと進みます。

スクリーンショット(2009-11-20 15.37.50).jpeg

インストールされたアプリケーションは上記のような感じで、一通り入っている感じがします。

スクリーンショット(2009-11-20 15.38.21).jpeg

起動時のアニメーションがキレイ。今までのオフィスにない感じがします。

この動きは気持ちよいです。

スクリーンショット(2009-11-20 15.38.57).jpeg

2007で採用されたリボン。2010では「ファイル」という項目が出現しました。

Office 2007を使い始めた頃に「ファイル→名前をつけて保存」がどこにあるかわからず悩んだあのオフィスの一時を思い出させます。

スクリーンショット(2009-11-20 15.39.25).jpeg

見慣れない画面、これが2010ならではのところだと思いますが、この画面のおかげで以前より使いやすくなる予感がします。

とりあえず、インストールして起動しただけですが、この時点では重いとかそういうのは感じませんでした。

ちょっと使ってみながら、感想を書いてみようかと思います。