AdobeがDreamweaver拡張機能としてHTML5 Packを公開

adobe CS5 HTML5

日本語版はまだ発売されていないAdobe CS5シリーズですが(日本のアドビストアでは予約受付中)、拡張機能としてHTML5 Packを公開したようです。

Adobe Labs – Adobe Dreamweaver CS5 HTML5 Pack

詳細はこの辺の記事を読んでいただけると

Adobe、Dreamweaver CS5 HTML5 Packの配布を開始 – MdN Design Interactive – Webデザインとグラフィックの総合情報サイト

同エクステンションを導入することにより、Dreamweaver CS5上でHTML5が扱えるようになるとともに、CSS3に関する機能も追加される。Live Viewでvideoタグやaudioタグに対応したり、HTML5やCSS3のコードヒントなどが新たに用意されたようだ。詳しくはWeb サイトにて確認してほしい。

単純にタグが対応するようになったものではなく、ライブビューでビデオやオーディオに対応しているということですから、リッチなWebアプリケーションを作るためには必要なことでしょう。

まだHTML5もCSS3も未知な状態ですが、こういったオーサリングツールからもHTML5への移行が進むと大きくWeb業界が変わっていくのではないかと考えています。

さて、今回の機能拡張。Flashの件で物議を醸し出していますが、アドビもHTML5に前向きの姿勢をアピールしているのでしょうか。今後の動きも注目したいところです。

以下、参考情報:

英語版ならパッケージ製品の体験版がダウンロード出来ます→Adobe – Downloads(一番上のナビにあ る地域でUnited Statesを選択してください。)

日本語版で今回初めてAdobe系を揃える方は購入はアドビストアでCS4 Web Standardを買ってCS5 Web Premiumに アップグレードするというワザが2010年5月27日まで使えます。