読書感想文:シャングリラ・ダイエット

ブログなどで一部話題になっていてとても気になっていたのでシャングリラ・ダイエット~全米ベストセラー!「食事制限」なし!「運動」なし!の魔法のダイエット~という本を買ってきました。

今までのダイエット方法とはアプローチの違うところが印象的でした。
炭水化物ダイエットでもなく、食事で摂取する脂肪を減らすダイエットでもなく、米国版 ビリーズブートキャンプ 7DAYS SUCCESS PLAN(DVD3本+ビリーバンドセット)でもない。
まずはこのダイエット方法の仕組みを理解し、実践方法、その他の7つの減量法があげられています。


これは筆者自らが実験しただけでなく、それを知った人々が実践して、その失敗事例などにも触れられており、気をつけるべきことも網羅されています。

ぼく自身、この本を読んでハっとさせられたことが、「同じものを食べ続けている」ということでした。
マクドナルドフィレオフィッシュセットや吉野家牛焼肉定食、Sガストチキン南蛮定食・・・。
この半年、これらのヘビーローテーションでした。そりゃ太りますわな。
でも太るのは単にカロリーが高いものを食べているということだけでなく、人間の体がカロリーとその味を結びつけるパブロフの犬的な科学的なところと直結しています。
つまりこの味のものを食べれば、カロリーだから蓄えろ!という、原始時代からの人間の飢餓に対する防衛本能が働いているのである。

そういったところから、見つけ出した新しいダイエット理論。
試してみたい。

そこで、エクストラライトバージンオイルを探しに行ったが、見当たらない。アルチェネロ エキストラヴァージン オリーブオイル 500mlといった商品でも良いのだろうか・・・。

取り急ぎ、砂糖水で始めてみようと思う。