DSCF2001.JPG

付箋をいっぱい貼った、重みもズッシリしているこの本。Macのことが網羅的に体系的にまとめられています。

かといって、ほとんどのページがフルカラーが読みやすい写真入り&イラスト。

ボクが短期間でMacに完全になじんで、メインに移行できたのもこの本のおかげです。

本の体裁上は最新版OSの紹介ですが、ここまでの内容をこれだけのボリューム、そして整理して編集された本は他にはありません。そういったサイトも無いのです。

これは本ならではの良さが出ています。

350ページぐらいありますが、知りたいMacのことが盛りだくさんです。

試しながら&遊びながら読んでいくと3ヶ月ぐらいかかってしまうかもしれません。

まずはさらっと読んで、重要度の高いことから、Macをいじるってのがオススメです。

Windowsマシンを急に失って不安な方もご安心を。

Macなら、Mac上でWindowsを走らせる二通りの方法が用意されています。急にWindowsのファイルを見たり編集したりする必要があれば、MacでWindowsを動かせば良いのです。

本書ではBootCampというおなじみの方法が紹介されていますが、MacとWindowsを再起動で切り替えるのが面倒です。

オススメは「VMware Fusion 3」というソフトを入れてその上にWindowsを走らせる方法。同じマシンでMacとWindowsが同時に使えるので便利です。

さあ、Macの世界へようこそ!