ガジェット

iOS16ファーストインプレッション(写真特に無し)

iOS16にアップグレードしました。大きく変わるのはロック画面です。

壁紙の写真が変更できるのはもちろんのこと、時計の文字のフォントが変えられたりする。
さらにウィジェットが配置できて、現在天気予報とカレンダーとアクティビティリングを表示刺せている。
待ち受けを見るだけで次の予定の時間やアクティビティの状況、そして天気がわかるのは便利だ。

これからサードパーティー製のウィジェットも出てくるだろうと想定できるので、それが出たらますます便利になりそう。ただし、ウィジェットのエリアは限られているので、一等地争いにはなりそう。

見た目の大きな変化のロック画面、カスタマイズしがいがあるというものだ。
そして、機能として話題になりそうなのは写真まわりの機能である。

その一つ目、写真の切り抜きについては本当に手軽に切り抜ける。クソコラ作成も捗りそうだ。
いままでPhotoshop使える人に頼んでいた切り抜きもこれで十分かもしれない(もちろん精度を考えるとPhotoshopで地道にやるのには負けるが)。
ちょっと写真から切り抜いてコピー、そしてLINEにペーストすると、その写真がちょっとしたスタンプ代わりにもなる。

そして写真について二つ目。写真画像上のテキストをコピー出来るのである!
OCRと言っていいのだろうか。写真の上で長押しするだけで、テキストを認識してくれる。
認識したテキストはコピーペースト出来るので、メール文や検索窓に張り付けて活用出来る。
例えば、認識するテキストが住所だと地図アプリに連携したり、電話番号だと電話アプリに連携したりするようだ。

最後に最近ブログ執筆に活用していた音声入力。
地味に日本語と言語を選べるようになっている点がかゆいところに手が届く感じだったりするのですが、驚いたのは句読点が自動入力されること。これまで「てん」とか「まる」とか言っていたことが不要になってしまった。
ますます音声入力も賢くなっているようで、使い倒してみたい。

というわけで、iOS16の一部機能のみですが、それなりに楽しめることがわかりました。これだけでもアップグレードの価値はあると思います。
まだの方はぜひアップグレードして体験してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-ガジェット
-