Mac・PC

MacBook Proをクリーンインストールした秋'2020

今年もやってきたクリーンインストールの季節。しかし、今年はいつもの年とは事情が違った。

apple iphone smartphone desk
Photo by Pixabay on Pexels.com

本来であれば、Macの新OSがリリースされていてもおかしくない時期。
だけど今回は大きなアップデートのためか、それともSilicon Macの発表とタイミングを合わせているのかなかなかリリースされない。

リリースされたらクリーンインストールしていた可能性は高い。

そんなタイミングでクリーンインストールの多い僕ですが、今回はワケが違う。

昨日の夕方頃、Macの挙動が不安定になった。

それが、Creative Cloundの再インストールもアンインストールもあらゆる手段を使っても出来ないという、詰んでしまう結果になった。

最近はクラウドにデータを保存することが多くなったものの、そうでないファイルも多くバックアップをHDDにとった。最悪なパターンも想定してだ。

そうこうしているうちに、日本語入力も危うくなってきた。
結果Mac再インストールをすることにした。

最初はBig Surのパブリックベータをこの機会に入れてしまえ、とも思ったが、リリース直後はともかく、リリース前に仕事で使うマシンでそれをするのは怖い。Twitter上で評判を見ていても、手を出さない方が良いと思った。

というわけで、おとなしくCatalinaをクリーンインストール。
何時もと違い、クリーンインストールに珍しく躓いたが(ボリュームの削除とかですね)、なんとかクリアして、クリーンインストール。昨晩のうちにアプリ系はほぼ復旧し、今日の午前中に開発環境も戻した。
これで、再び問題の無いMacライフを過ごしたい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-Mac・PC