Mac・PC

解決策の確認

2007年12月24日

WindowsVistaに乗り換えて4か月ほどたつが、たまにタスクトレイからこんなバルーンが表示される。
クリックしてください、と言われるのでクリックするのですが・・・

「問題のレポートと解決策」というウインドウが立ち上がり内容をチェックすると、IEが「応答なし」になったり、Windowsがシャットダウンしたりとかしたことが記録されている。よく記録できるねぇ、感心するわ、と思いながらも「解決策の確認」というボタンを押す。

「解決策を確認しています」ということで問題が報告されているようです。

良く見るとうっかり見落としそうなのですが「解決策は見つかりませんでした」という悲しいメッセージが。
「他の問題についての情報」でいくつか情報があるようですが・・・。

「お使いの言語でご利用になれる解決策はありません」と。
あ、そうですかぁ、そういうことですかぁ、ということで、Skypeに関しては後から自力で最新版を入れてみることにしました。

というわけで「他の問題」についてひとつひとつ確認していきましたが、FlashPlayerにしろAdobeReaderにしろ、最新のバージョンにアップしましょう!ということでした。というわけで、せっかくなので指示に従いリンクをクリックしてAdobeのページを開きそこから最新版をダウンロードしてインストールすることに。
まぁ、こういうきっかけで最新版にするタイミングを見失わないということもありなのかもしれませんね。Flashが見れない、と思ったら、バージョンが6だった、って話ありそうで・・・。

さて、Adobeのページに行って気づいたのですが、以前からのかっちりしたページというよりもアートなデザインに変わっていてびっくりしました。
それに関しては次のエントリーにて。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-Mac・PC