健康

コーピングについてまとめ



「ストレスに負けない技術-コーピングで仕事も人生もうまくいく!」という本を読みました。
私の場合、ストレスを受けやすい体質・考え方でもあるので、この本を参考にストレスを抑制していきたいと思いました。
そして、一通り読み終えて、きれいな形ではないですが、下記のようにまとめてみました。



まずストレスを受けたら
1.反応を静める
 例えば深呼吸やストレッチなど
2.冷静に状況を分析し、対処方法を考える
3.実際にコーピングを展開
 a.まずは「刺激の除去・軽減」を考える
 b.aが難しければ「評価」を変えてみる
4.社会的支援を得る
 例えば友人に相談するなど

ストレスを受けないためにやること
1.認知のゆがみを正す→セルフトーク改善
 -マイナスセルフトークの洗い出し
  1.「非論理性」を洗い出す
  2.「いまここ」で考える
  3.ありのままを受容する
2.問題可決力を高める
 a.何が問題かを明らかにする(水準を明確にする)
 b.原因のリストアップ~人間が原因の場合とそうでない場合
 c.原因を絞り込む~重要性や実現性の視点で
 d.具体策を考え実行~1.自力 2.相手 3.回避する
3.アサーションを実践(DESC法等)

ということで、上記の項目をベースに日々トレーニングしてコーピング技術を身につけていきたいと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-健康