デスクトップはスッキリさせたい。

そう思ってファイルの整理などもしっかりしていくが、すぐにゴチャゴチャとなる。
このゴチャゴチャは事故の元でもあるし、必要なファイルを探す整理整頓が出来ていないことにも繋がっている。

問題解決としては気がついたら整理整頓する、シンプルにそれだけかもしれない。
しかし、実際はそれだけが問題ではなさそうだ。整理整頓するにしてもファイル数が異様に多い。ファイル数が多いから整理整頓するにもハードルが高くなる。
その要因のひとつがデスクトップにしれっとできるあのファイルたちだ。

そう、スクリーンショット。

さらにデスクトップに保存したフォルダは設定によってはiCloudの同期で、複数のMac(僕の場合個人Mac2台)で同期をしてくれるので、ギガも消化してくれている。

デスクトップに保存されてしまうことにあまり良いことは無い。
(マシン変えてもそのスクリーンショットを見て作業がすぐに再開できるというメリットがあるがあまり僕の場合活用シーンがほとんどない。)

それを解決したい。
ターミナルという黒い画面(白い場合もある)を開けてコマンドを打つ必要があるのだが、そんなに難しくないのですぐにやってみる。

ダウンロードフォルダに保存する

defaults write com.apple.screencapture location ~/Downloads/
を打った後、

killall SystemUIServer
を打つ。

これだけで保存先がダウンロードフォルダに変わります。

ついでにファイル名の表記変える

「スクリーンショット」というカタカナを気分の欧米化に伴い「ScreenShot」に変えてみる。

defaults write com.apple.screencapture name “ScreenShot”
を打った後、

killall SystemUIServer
を打つ。

これだけで保存先がファイル名が変わります。

ダウンロードフォルダは一時保存用フォルダとしての聖域

ダウンロードフォルダは様々なサイトからのダウンロードファイルやチャットアプリからのダウンロードファイルなどたくさんのファイルが溜まっていきます。その多くは一次確認用だったり、今回のスクリーンショットのようにちょっと説明するために撮った画像など、ほぼ一時保存データがメインとなります。

なので、定期的にこのフォルダを空にしてあげることで、不要なファイルを常にMac内に持たないようにします。時々センシティブなデータを一次確認ために置いていることもありますしね。
なので、なるべくローカルにはもっておきたくないので、定期的にゴミ箱に入れて空にするということが必要そうです。

そう、ダウンロードフォルダは一次保存用のフォルダとして、今回のスクリーンショットの保存先と合わせる事により、ますますその役割の場とし、デスクトップは原則そういった一時ファイルすら置かない場所、ということで役割分担をしていくとスッキリしていくのではないかと思います。

参考:
Macのスクリーンショットの保存先と名前を変更する – Qiita