Mac・PC

Macに時報を喋らせられるのって知ってた?それだけで時間の意識が変わるよ

先日、たまたまこの機能に気づいて設定してみました。

Macの「システム環境設定」→「日付けと時刻」にある上記設定、それだけで良いのです。

すると例えば22時ジャストに「22時です」とMacが喋ってくれるのです。

時報って、あまり必要性をこれまで感じていなかったのですが、そのタイミングで聞くことにより「あ、もう22時か、あと1時間でPCから離れよう」とか意識をつけるきっかけになるので、意外と時間への意識が高まっていきます。

もちろん、打ち合わせ中や会議、イベント参加中に、「15時です」といきなり喋られても困るので、この機能の利用時には音量コントロールとかTPOに応じて気にしておきたい。その点には注意。

しかし、これのおかげで「おっともうこんな時間か」と気づかされることもあるので、試しに設定してみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-Mac・PC
-