マネタイズ

iKnow!がOpenID対応したことから今後の運営サイトへの導入を考える

iKnow登録 by you.

iKnow!もいつの間にかいろいろと機能追加されていたりして、今日久々にやってきてみるとmixiやYahoo!のIDなどでも登録できるようになっていた。


要はiKnow!がOpenIDを利用しているわけなんだけど、今後個人的に運営しているサイトも自前で認証システムを作るより、こういったOpenIDを利用して作っていきたいと思う。
ではメリットに関して3つぐらいざっくりと今まとめてみます。

OpenIDを使うユーザーメリットとしては

  1. ID・パスワードを新たに管理しなくていい(覚えなくていい)
  2. ログインが一元化される
  3. プロフィールデータが一元化される

といったところでしょうか。
逆に管理側としては

  1. パスワード管理(DBに格納)しなくていい、する機能を作らなくていい
  2. ユーザーのパスワード紛失に対応しなくていい
  3. 各OpenIDプロバイダがユーザ登録を行ってくれるので、少なからずともそこで複数アカウントやダミーアカウントを作成されるハードルを上げる(?)

といったようなことが挙げられます。

そういう意味ではユーザーにとっても管理者側にとってもメリットがあるもので、今後普及していくのではないかと考えている。実はこのムジログのコメント欄もOpneID、mixi認証などに対応している。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-マネタイズ