iKnow!がOpenID対応したことから今後の運営サイトへの導入を考える

iKnow登録 by you.

iKnow!もいつの間にかいろいろと機能追加されていたりして、今日久々にやってきてみるとmixiYahoo!のIDなどでも登録できるようになっていた。


要はiKnow!がOpenIDを利用しているわけなんだけど、今後個人的に運営しているサイトも自前で認証システムを作るより、こういったOpenIDを利用して作っていきたいと思う。
ではメリットに関して3つぐらいざっくりと今まとめてみます。

OpenIDを使うユーザーメリットとしては

  1. ID・パスワードを新たに管理しなくていい(覚えなくていい)
  2. ログインが一元化される
  3. プロフィールデータが一元化される

といったところでしょうか。
逆に管理側としては

  1. パスワード管理(DBに格納)しなくていい、する機能を作らなくていい
  2. ユーザーのパスワード紛失に対応しなくていい
  3. OpenIDプロバイダがユーザ登録を行ってくれるので、少なからずともそこで複数アカウントやダミーアカウントを作成されるハードルを上げる(?)

といったようなことが挙げられます。

そういう意味ではユーザーにとっても管理者側にとってもメリットがあるもので、今後普及していくのではないかと考えている。実はこのムジログのコメント欄もOpneID、mixi認証などに対応している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です