INCIPIO MacBook Air ケース

iPhoneにケースを付けるのが当たり前の昨今、ジョブズ信者の自分はそのままのでデザインを楽しむという使い方でしばらく貫いていました。
しかし、現実的な話、生身の本体を先日の台風のような風雨の危険にさらすのも危険ですし、防水という機能はありませんが、なんらかのタイミングで発生する傷や衝撃からは守りたいものです。
過去に圧力でMacのキーボードの跡がディスプレイについたという経験もあります(それはカバンとか荷物の量、満員電車等の問題でもあるのでしょうが)。

そんな中、そろそろカバーを、と考えていたときに色もサイズも豊富なカバー”INCIPIO”でMacBook Air、MacBook Proをおしゃれに着飾ろうキャンペーン!というキャンペーンに応募したところ、当選しました!
お礼もかねてこちらにレポートを書いていきたいと思います(このブログを書いているときはすでに装着済みです)

スクリーンショット 2011-09-23 10.59.05

ボクが選んだのはブラックのマットタイプのものですが、実際には11inch用やレッド、パープルなどさまざまなカラーバリエーションがあるのが特徴です。
MBAの場合は厚さわずか1mm以下の軽量仕様でポリマー樹脂で柔らかさと丈夫さを実現しているそうです。

IMG_4444.JPG

開封時に取り出してみたのですが、柔軟さもありつつ、このようにMBAのようなシャープさがその丈夫さを担保しているかのようです。ふにゃふにゃではないけど、曲げようとすると柔軟に曲がる、という感じです。

IMG_4445.JPG

開封すると、ごらんのように二つに分かれています。一体型ではありません。底面分と天面分とわけて取り付けます。

INCIPIO MacBook Air ケース

装着してみてもスマート。そしてこのように必要な端子は表にきちんと出ているので、使いたいときにカバーをわざわざ外す、なんてこともありません。いままで専用ケース等に入れて使っていたことがありました。しかし、カバンから取り出し、そしてケースからわざわざ取り出す、という行為を繰り返すという、今考えれば面倒なことをしていました。カバンからそのまま取り出してすぐいろいろつなげて使えるという感覚はとても気に入りました。

では、最後に、どんな形で日常の使用にはまるかご紹介。

INCIPIO MacBook Air ケース

朝マックを食べた後に作業を開始する図(実は今、まさしく作業中です・・・)。
外観がMacっぽくないですがAirならではの薄さシンプルさはカバーを付けても変わりません。カバーを付けて、外出時の出し入れや移動時に傷つけると思えば、それは予防接種のように守ってくれるようなものだと思いました。

INCIPIO MacBook Air ケース

カバーの黒いラインをご覧いただくとわかると思いますが、左右の端子部分だけは外しています。ふたをはずすとかそのような手間もかからないので、すぐに外部メディアやコードを抜き差しできる作りになっています。

INCIPIO MacBook Air ケース

電源コードもこのようにスマートに装着できます。

結果的に、満足する内容でした。個人的には説明書を読まずに(というか日本語の説明が見当たらなかったので・・・)、勢いで取り付けてみましたが、すぐにぱらぱらとれてしまって、どうしたものだろうかと思いました。
冷静に考えればiPhoneの時と同じように「パチパチ」と音をさせてはめ込んでいくのが正解のようです。これでしっかりとはまりました。

iPhone 5の記事も出ていますが、Apple製品はMacBook Air、Proともに人気があります。これからも増えるでしょう。そんなときに、こういったカバーを付けて傷から守るだけで無く個性を出す、ということを考えれば安くない買い物でしょう。
なぜなら、下取りとか中古で売りに行くと、傷で減額されますからねぇ・・・。それを考えても防げるならカバーを買って装着して個性を楽しむのも良い投資かもしれません。

[amazon_vc keyword=’INCIPIO MacBook’]INCIPIO MacBook[/amazon_vc]でAmazon内を検索

Fans:Fans