周辺機器・サプライ

Xperia Z Ultraの大きさは電子書籍読みやすい!WiFi版は本日発売!

ソニーにはReaderというアプリがあるのですが、あえてKindleでの電子書籍レビュー記事になります。
左がiPhone、そして右側がXperia Z Ultraとなります。
縦書きのこの書籍、画面に表示出来る文字数としてはXperia Z Ultraのほうが2行多いのですが、縦1行あたりの文字数が少なめになっています。そのため1行の長さが長くて文字が小さいiPhone版より文字が読みやすい印象です。それでいて1ページあたり行数が2行多い。画面の大きさの勝利です。

そして、横幅がパスポートサイズ、文庫本よりも幅が少し小さく片手で持って読むのにはちょうどいいサイズと画面の大きさです。
 


画面の大きさに余裕があるので、Xperia Z Ultraで起動したKindleにはiPhoneには無い、このような表示が上下にあります。



本の名前が常に上に載っている!途中でなんの本読んでいるんだっけ?ということがありません。

現在読み進めている本の進捗と終わる時間の予測がここで出ています。

画面が広いと、こういった付随情報が表示出来る余裕があるんですね!確かにこれは表示されると便利です。

縦書きの文字だけの本がiPhoneの時よりも読みやすくなって、それでいて、このような情報を表示するスペースもある。 同じKindleアプリなのにXperia Z Ultraで使うとこうも変わるのか、と思いました。

Xperia(TM)アンバサダー・プログラムのモニター企画で「Xperia (TM)Z Ultra Wi-Fi版」をお借りしています。発売日前から使っていましたが、なんと今日は発売日!

そしてau版は明日発売日!

実際に世の中に出回る時期がやってきました。

ソニーストアでWI-Fi版をチェック!
Xperia(TM) Z Ultra

グローバルモデル、SIMフリーのソニーXperia端末はこちらから
[海外SIMフリー] 人気のSony Xperia 最新機種販売中!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-周辺機器・サプライ