4880733237

カワイイをシェアする 」というEye-Fiが付録の雑誌がなんと明日発売とのこと!

Eye-Fiは以前から使っているのですが、最近だとミラーレス一眼で使っていて、それで撮影した写真が無線LAN経由でリアルタイムにiPhoneに取り込めることで便利に使っていました。
それが出来て何が良いかと言うと、綺麗に撮った写真をその場ですぐさまFacebookなどに投稿できることです。 


自分が持っているEye-Fiは現在2枚目ですが、今使っているのはこれです。

Eye-Fi Mobi 8GB
B00D41F9TO

見た目はSDカードなのですが、この中にWi-Fiの電波を飛ばすものが入っていて、Wi-Fi経由で手元のiPhoneへ撮影したての写真データを転送するのです。イチイチSDカードを取り出す手間も必要ないし、なんといってもリアルタイムに撮影した写真が使い慣れたスマホですぐにアップしたりするのに使えるので重宝しています。

ところが今回付録で付くのは うーん、なんとiPhoneで使えないバージョンらしいです。

雑誌付録にWi-Fi内蔵SDカード、“撮ってシェア”まで紹介 – ITmedia デジカメプラスより引用:
 

うーん。対応スマートフォンは「Android TM 2.2以降」って書いてますよね。
iPhoneの方はコレジャナイです。ご注意を。

ボクがiPhoneで使っているのはこれですよ。

Eye-Fi Mobi 8GB
B00D41F9TO

というわけで、ご注意ください。

でも、Android持っている人で試してみたいなぁ、という方にはお値頃価格で手に入るEye-Fiカードなんだと思います。
写真から推測するにして

NTTドコモ Eye-Fiカード 01 AWE59006
B00H97LU10
これのことでしょうか。このカードの半値ぐらいで買えるのですから、それを考えればお買い得ですよね。

    • 容量:4GB
    • 無線LAN規格:IEEE802.11 b/g/n
    • SDカード規格:SDHC Class6
    • 転送可能な静止画:Eye-Fiカード内のDCIMフォルダ配下に保存されたJPEG画像ファイル
    • 転送可能な動画のファイル拡張子: .mpg .mov .wmv .avi .mp4
    • 動作確認済みカメラ:http://eyefi.co.jp/cameraにてご確認ください
    • 専用アプリ:Eye-Fiレシーバー for ドコモ(Androidのみ)

 
Class6というのもClass10に比べれば落ちるわけで、最初からバシバシ使う人は素直に通常のものを買った方が良さそうです。