MNPでiPhone5使用料が毎月9,000円から3,000円になってiPhone5sになった件

月々の携帯電話の使用料の負担はそれなりに重いものです。
3月はMNP祭りで土日はiPhone5s本体一括ゼロ円でというキャンペーンが盛大に行われていました。

このキャンペーン、実は毎月の利用料も大幅に下がるというオマケ付きだったのはご存じでしたか?

今まで機種変更を繰り返すごとに毎月iPhone購入の分割払いもしていて、毎月の支払いが9,000円前後となっていました。これが、その分割払いがないどころか、さらに大幅な割引があって、結果的に毎月の支払いが3,000円程度に抑えられるのです。 


3月は年度末で激しく忙しかったのですが、MNPでこれだけのキャッシュバックが終わるという噂などもあり、経費削減のタイミングはこのタイミングしかないと思い、このタイミングでMNPを決行しました。

 舞台は量販店

 実はこんなキャッシュバックとか特殊な携帯電話屋でしかやっていないと思ったらヤマダ電機やビックカメラでもやっていたのです。
そういうお店のほとんどがキャッシュバックといっても自店使える商品券やポイントということも多かったです。

しかし、キャッシュバックというのはあまり今回は考慮していません。

一時的な現金収入と違って毎月の支払い。これを削減したかった。
これに関しては2年間使うと決めたときに毎月の利用料が3,000円削減できたとしたら、2年間で72,000円削減できることであって、意外とバカにできない。目先のキャッシュバックよりもここに注力したい。

有利な条件で買えるのは年度末の土日のみ 

何故か平日はキャンペーンをやっておらず、土日集中型で勝負をしかけるお店が多かったです。 
土日になればauのiPhone5s・16GBのMNP価格は0円、32GBで9,800円というお店が多かったです。しかし、裏メニューもありましたが、交渉次第でだいたい32GBも0円になるようです。
旧機種では64GBでしたが、32GBあれば十分使えると判断し、ソフトバンクiPhone5・64GBからauiPhone5s・32GBへMNPすることとした。

一括ゼロ円&のりかえによる毎月の割引

MNPすることで最新機種に機種変更できて、しかも事務手数料3,000円はかかるものの、本体代金ゼロ円でゲットできる。だから今までにあるような分割の金額が基本料金に載っているようなこともなくなる。
これだけでも十分トクした気になる。

でも実際にはそれより、毎月の割引が大きい。
この状態からさらにのりかえによる毎月の割引がききます。

月々の基本料金が7,280円とでました。これなら今までのiPhoneと同じぐらいの支払いになりそうです。
ここで割引の登場です。
 毎月割が2,825円、その他キャンペーン割引額が980円と525円。
結果的に差し引いて2,950円となります!

つまり今までのiPhoneに払い続けていた(分割込み)の金額の3分の1ぐらいになるわけです。毎月の支払いが6,000円浮くとなれば、ずいぶんな経費削減効果です。

しかし、すべてがうまくいくとは限りません。
現ソフトバンクiPhone5は分割が残っていることと、違約金を1万円ぐらい払わなければなりません。合計で35,000円ぐらいでしょうか。
とはいえども今までの支払いの予算感であれば半年ぐらいでこれは元をとることができそうです。 その後1年半ぐらいの期間、浮いた金額のメリットを受けられると考えれば悪くないと考えます。

通話料は高くてもいい、各種IP電話やLINEがあるから

すでに各種IP電話やLINE、Facebookメッセンジャーによる通話などが当たり前になってきつつある昨今、通話料が安いプランに入る必要性はほぼ皆無です。
楽天でんわもあるし、050plusもあるし、様々な通話料を安くするためのサービスが出てきている以上、携帯電話の通話料はそういったサービスを利用することで安くできそうです。

 auにしたのはMacでも使えるau Wi-Fiが使えるから

これは地味に大きいです。
au Wi-FiはiPhoneのみならず、現在使っているMacでも使えるのです。
au Wi-Fiを使う条件としてLTEフラットに入る必要があるとかありますが、同等のプランに入っておいてMacで使えなかったソフトバンク時代を思えば、すごく素敵なサービスになります。

もちろん、iPhone5以降であればテザリングも出来るのでしょうが、Wi-Fiで使えると7GB制限のことも気にせずに済みます。

au Wi-Fi│スマートフォン│au
ご利用者様本人のauスマートフォン(代表回線)に限り、Wi-Fi機器をauスマートフォンと合わせ最大4台までご利用いただけます。

つまり、Wi-Fi契約もいらなくなるわけです。
Wi2とかワイヤレスゲートの代わりとして利用出来ます。追加料金無しで。

であれば使うでしょう!
しかもWi-Fiのスポットが少ないという心配も逆に無さそう。

au Wi-Fi SPOT│au Wi-Fi│au

Wi2のエリアも対象?
そう、それならWi2契約もいらない。 

そしてiPhoneでも使えるのはもちろんのこと、Macでも使えるので余計な契約せずに今まで通りつかえるのでWi2も解約。経費削減。

現在、東急電鉄沿線に住んでいるのですが、このau Wi-Fiエリアで、通勤途上もよくWi-Fiを拾っていて快適に使えているので、不満もありません。

本体代一括ゼロ円なのでiPhone6に乗り換えるのも怖くない

iPhoneの新機種が出る度に、機種変更悩みます。
その多くは分割が残っているので二重に分割払うと月々の料金が膨らむことです。

今回のiPhone5sは分割が無いので、シンプルにiPhone6が出る今年の夏なのか秋ぐらいに乗り換えたとしても、iPhone6の分割のみでやっていけるということで、 そういう意味ではiPhone6へ乗り換えることも想定してのこの機種変更は悪くはありません。
しかも、分割代金が載ったとしても、おそらく大きな割引があるので、以前のiPhone5の毎月の支払い金額より低くなります。

そういった意味でもっとも安く、新しい機種に乗換続けられるパスを作ったとも言えます。

その後は?

今後、こういったMNPによるメリットは受けられなくなる可能性はあります。
しかし、本来は長く使い続けるユーザーに還元されるべきであって、MNP合戦よりも長期割引の時代に戻ればなあと思いました。
キャリアを乗り換えるのって今回のようなよっぽどな金銭的メリットがないと動かないのですが、手続きがそれなりに面倒です。

どちらかというとそのキャリアのファンであり続けられる、という関係性でユーザーになるのがあるべき姿なのだなぁとも思いました。そして、そういったファンに還元できるカタチにそのころになっていれば、きっといまのキャリアのまま使い続けるでしょう。