iPhone・iPadでのペン入力は導電スポンジのペンが必要らしく、それを使ってみた

IMG_0007.PNG

iPhone・iPadはそもそも外部入力機器がなくても使えるように設計されている。基本的に指だけで可能だ。
しかし、絵を描いたり、やはり手描きのメモ・図解をしたい時に、ペンの方が便利かと思い始めたのだ。

じゃあ、PDAとかでつかっているスタイラスペンとかあるからそれを使えばいい!と思ったが、そうはいかなかった。結論から言えば、iPhone・iPadでは「導電スポンジ」を使ったペンなら使える、と(他にもあるようですが、従来の単なる固形物ではダメなようです)。

Life is beautiful: iPad用スタイラスを自作する方法

ヒントを得たのはこのブログ記事からだ。
ペンの先端は導電性スポンジのようである。
導電性のスポンジを買って自作してしまえる。導電スポンジも500円を切る値段で100本以上作れるとか。

自作するのが面倒な人は家電量販店などでペンを買えばよいが、電子手帳やDSで使えてもiPhone対応とか明記されていないものは注意をした方が良い。
ボクはこれを選んだ。

IMG_1326.JPG

サンワサプライの導電スポンジを使用したペンだ。ヨドバシカメラで1380円程度。

IMG_1327.JPG

この使用用途を見ていると、どうも手書き向きというよりも、指で画面を触りたくない人(ポテチ食べてる最中など)向けのペンなのかもしれない。

IMG_1328.JPG

非常にコンパクトで先っぽに黒いスポンジがついている。これで書くようだが、特にとがっていない。

IMG_0006.PNG

実際にお絵かきテストするにあたって無料で機能も十分ありそうな「neuNotesMiniPiano」を使ってみた(右上)。

IMG_0007.PNG

最初に書いた印象は、タッチしてからしばらくしてから筆跡が残せるという印象だ。これは毛筆の最初にしっかりと押さえる、という点に近い。また、思ったほど細かい職人的な線を書けない感じがするので、極端だが定規を使って設計図を書くとかには向いていない。

IMG_0009.PNG

ついでにこのアプリ「neuNotesMiniPiano」のレビューにもなっているが、このアプリ色や透明度、太さなどをそれなりに変えることが出来るのだ。ちょっとお絵かきしています。

IMG_0013.PNG

汚い絵ですが、美術10段階で2という低成績を誇った中学時代を思い出します(笑)。
というか、ラフなイメージを書くには十分かもしれません。ホワイトボード替わりぐらいにだったら十分ではないでしょうか。