周辺機器・サプライ

Mac対応フルスペックHD画質対応WebカメラでUstream

Mac対応HD画質Webカメラ

最近のWebカメラは高解像度のものも増え、HD画質、フルスペックHD画質も扱えるものが増えてきました。
しかし、残念なことに、Microsoft製はもちろんのこと、ロジクール社製のものでもMac対応を明示している製品が見当たりません(ビックカメラ調べ)。

そこで、手にしたのはこの製品。
ELECOM Webカメラ UCAM-DLY300TABK

以前のWebカメラと比べてポイントとなったのは

  • フルスペックHD解像度に対応
  • オートフォーカス
  • 内蔵マイク有り

Mac対応HD画質Webカメラ

このように、Webカメラならでは、ディスプレイ部分に固定もしやすいです(以前のものより使いやすくなった気がします)。

その反面、オートフォーカス機能が頻繁に働くので、その調整で一瞬ぼやけることがよく発生します。と同時にその音が内蔵マイクで拾ってしまうということがあるので、これは気になる点でした。まあ、内蔵マイクを使わずにパソコン内蔵マイクとか独立したマイクを使えば問題を回避できるので、それほど大きくは受け止めていません。

というわけで、これで、MacでUstreamをHD画質で配信することができます。しかし、そのままではWebでもUstream Producerを使ってもHD画質で配信出来ません。
Flash Media Encoderというアプリを使って、Mac自身でカメラからのデータをエンコードすることで、Ustreamでも配信できるようです。これについては後日、また書いてみたいと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-周辺機器・サプライ