本日から日本経済新聞電子版が公開されています。
紙媒体からweb媒体へ移行というタイミングですが、チラシを受け取りました(笑)。新橋の駅前でチラシを配っていたわけです。

もちろん、webのものをわざわざ紙媒体でサンプリングすることは、あながち間違っていはいません。以前のNIKKEINETをあまり使わない人にもリーチする有効な方法だと思いますし、電車に乗って移動中に読んだりもできます。

とはいっても読んでませんが(苦笑)。

中面を開くと、ぎっしりと情報が詰まっています。詰め込めるだけ詰め込んだ気もしますが、紙質も良く、ちょっとお金をかけているような印象も受けます。

印象に残ったのは紙面と同じレイアウトで読める紙面ビューアー。
いろんなメディアがweb化している一方で、情報の重み付けが、rssでは困難でした。ボクは数を稼いで同じニュースに触れる頻度が大きければ、重要な情報だ、というフィルタリングをしていました。でもこれでもちょっとしんどいわけです。
紙面レイアウトをパソコンで確認出来ると、紙面の重み付け・編集方針を含んで受け取ることが出来るので、必要な情報をインプットする時間を節約出来ます。

とはいえ、5,000円前後という費用は、新聞を読んでいない世帯にとっては高いです。しかし、仕事をしていく上では必要な投資かもしれません。

まずは無料お試しかなぁ、と思ったりもします。

イメージキャラクターはいらないと思うけど・・・。